宮嵜正弘の国際情勢解題 (読者の声)

宮嵜正弘の国際情勢解題 2020.1.9  6335号

(読者の声4)

昨年末に本欄に真珠湾奇襲について投稿して以来、年末年始にわたり、戦争関連書を読み返しています。

その中で新たに出会った書籍に、三村文男『米内光政と山本五十六は愚将だった』(テーミス;2002年)があります。

著者は、東大医学部卒の医師。

大正9年(1920)生まれで、旧制高校卒業時に大東亜戦争(著者は、「戦中一億国民といわれた日本人は、すべてが大東亜戦争の名の下に戦ったのである。

太平洋戦争の名で戦った者は一人もいない。

・・・・(自分は)太平洋戦争などとは、これまで一度も口にしたことも無く、筆にしたことも無い」と述べる)が始まり、大学卒業の年にそれが終わったという世代です。

そして、著者は、戦後「神聖な国土にむざむざと旧敵国の軍隊を跳梁させる屈辱をかみしめた」と言い、「(同世代の人たち等は)こんな負け方をするために戦ったのではなかった。

今の日本の姿は本当ではない。

・・・・・・もはや生きて祖国の輝ける姿を見る望みは絶え果てた。

戦死した若い友が、後事を託すと言い残した言葉を、老残の身で祈りと共に書きとどめる以外に道はない。

この書は敬愛し礼拝する祖国への遺言となった」と述べられます。

これだけの引用でも分かるように、著者は、いわゆる左翼的史観の持主では到底ありません。

(正しい意味での)愛国者である著者ですが、そうであるからこそと言うべきでしょうか、米内光政(以下すべて、敬称、職名等を省略)や山本五十六についての評価は、阿川弘之らの「山本神話の製造人たち」「終戦美談の語部たち」に対する批判を加えつつ、医師としての視点からも含めて、極めて鋭く厳しいものです

例えば、山本五十六については、「愚将とするのが穏当な評価であろう。それも並の愚将ではない。その判断の誤り、失敗の重大性から天下の愚将という名に恥じない軍人であった」

「愚将たる条件を完璧にそなえた山本」「品性下劣」「小心者」と断じ、米内光政については、「蜃気楼を見ていた」と評し、終戦時には「老人性痴呆ではなかったか」と述べておられます。

山本について、「もし彼が多少なりとも平和主義的な考え方の持主であり、まともな戦い方ではアメリカに勝てないと知っていたのだったら、

ミッドウェー海戦に大敗して、主力空母と優秀搭乗者を喪失した時点で、和平への行動にふみ出すべきであった。

全く勝ち目のない戦争を一日でも早くやめるため、何かの手段をとるべきであった。

それが海軍大将たる地位にふさわしい、国家に報いる道であった」「おのれの無能のゆえに、大勢の若者を無駄に死なせた愚将の贖罪の道は、唯一つ和平に命を賭けることであったはずだ」と述べられるのも、その通りでしょう。

坂井三郎は、「戦後さまざまな山本像がつくられたが、現実には世間で思われているほど力量は持ち合わせていなかったのかもしれない。私はそう思われてならない」と述べているようです。

また、佐藤賢了(陸軍中将)は、山本の国葬に反対し、山本を論じて、「その罪万死に値す」と言っています。

私は、本書を手に取ってから、ほとんど一気に読み終わりました。

なぜ、今までこの書に気が付かなかったのか、と痛惜に堪えない思いです。

私が従来から持っていた疑問の相当数について明確に述べられています。

山本五十六神話の信奉者、阿川三部作をそのまま信じ込んでいる方々には、ぜひとも一読されることをお勧めします。

 

宮嵜正弘の国際情勢解題 2020.1.9     6337号


(読者の声2)

貴誌1月9日付通巻6337号で(アポトーシス)氏が「山本長官の脳裏には、日露戦争中、日本海で常陸丸・佐渡丸がロシア=ウラジオ艦隊に撃沈されると、民衆が第2艦隊長官の上村彦之亟の自宅に投石した、という生々しい、民衆不信の記憶があり、

海軍は開戦劈頭に打ち上げ花火というか、華々しい戦果を挙げねば、民衆は米英との戦争にとても耐えられないと考えたと。

「実際、その通りになった」というか、山本長官の思考のベクトルは、椿本氏の思考のベクトルとは逆向きだった、という事なのでは?」
と述べられている点ですが、

一般的には、山本案に基づくミッドウェー作戦(山本はもともとミッドウェー政略作戦には反対しており、それを強引に認めさせたのは首席参謀黒島亀人大佐である

という説もあるが)に対して、軍令部では反対論が強かった中で、ドーリトル空襲が発生したことから、軍令部の雰囲気も変わったと言われています。

しかし、ドーリトル空襲など、どう見ても単発的で、反復継続的な作戦ではない、いわば米国内世論向けのショー的なものに過ぎず、山本五十六は過剰に反応し過ぎたのではないか、と私は考えます。

生出寿氏は「真珠湾攻撃という大ブラフ(こけおどし)でアメリカをひっかけようとした山本が、逆手をとられてアメリカの小ブラフにひっかけられた感がある」と述べておられますが、同感です。

三村文男氏(『米内光政と山本五十六は愚将だった』の著者)は「(ドーリットルによる)4月18日の東京発空襲の時も、私(三村)は東京にいて敵B25が飛ぶのを見たが、戦争だからこういう事もあるだろうと思っただけだった。

ところが山本は余程のショックだったようで、その後の作戦に焦りと狂いが出て来るのだ」と述べておられます。

次に、1月14日付通巻6338号の「読者の声」意見について、簡単に私見を述べます。

まず、現下の問題を考えるにあたっては、「他人の経験(歴史)」に学ぶことは不可欠であり、ましてや「自分の経験(自国の歴史)」に学ばない、学べないのでは、大馬鹿というほかないということです。

次に、過去の歴史を見るに当たっては、政略面、戦略面、戦術面、それぞれに別個の問題として論じるべきだということです。

すなわち、たとえ、日米戦争に自存自衛の側面があり、その勃発において、ルーズベルト、スターリンの謀略、挑発があったとしても(政略面)、そして、それが主観的には「やむを得ずにした行為」だと主張できたとしても、だからといって、英米に対する宣戦、先制的開戦が正当化、妥当視されるというわけではない、ということです(戦略面)。

そして、開戦に踏み切った行為が、少なくとも主観的には、「やむを得ずにした行為」と主張し得たとしても、真珠湾奇襲というような作戦を実施したこと(宣戦通告が遅れたという点は決定的に重大な問題ではなく、いずれにしても米国の反応はそう変わらなかったのではないか)が賢明であったかというのは、さらに別の問題点だということです(戦術面)。

そして、戦前の軍部についての評価ですが、負ける戦争をやったこと自体が愚かなことで、それに尽きるのではないか。

孫子でも、「無謀な戦争はしない。

戦争を決断する前に、戦争をするべきか避けるべきか、被害の大きさなどを考える」ことが肝要だと述べられています(始計篇)。

なお、守屋洋氏は、「大昔」に書かれた「孫子の兵法」を、以下の7つに集約されるとしています(Wiki)。

これらの諸点を総合的に精察して、東条英機や戦前の軍部が賢明であったか否かは明白だと私は考えます。

1.    彼を知り己を知れば百戦して殆うからず。
2.    主導権を握って変幻自在に戦え。
3.    事前に的確な見通しを立て、敵の無備を攻め、その不意を衝く。
4.    敵と対峙するときは正(正攻法)の作戦を採用し、戦いは奇(奇襲)によって勝つ。
5.    守勢のときはじっと鳴りをひそめ、攻勢のときは一気にたたみかける。
6.    勝算があれば戦い、なければ戦わない。
7.    兵力の分散と集中に注意し、たえず敵の状況に対応して変化する。

 

宮嵜正弘の国際情勢解題 2020号 6338号

(読者の声3)

大東亜戦争や軍人について、いろいろな批判があるが、疑問があるので挙げてみたい。

 第一は危機感がない事である。内外の危機にあたり大昔の話をする余裕があるのか、疑問である。

それより再軍備であろう。

 第二は情報である。
大東亜戦争の元凶であるスターリン、ルーズベルトの対日戦略への言及がない。

いわゆる戦後の古い1人相撲歴史観の弊である。

第三は価値観である。

日本の戦争が自存自衛であったことは東條首相が主張しており、1951年にマッカーサーが米議会証言で認めている。日本の正当防衛だったのだ。

第四は戦争の当否を勝敗で論じる誤りだ。

大東亜戦争は負けても正しい戦争だった。

第二次大戦では人口350万のフィンランドは人口1億五千万のソ連の領土割譲の恫喝に抵抗して断固拒否し戦った。

有名な冬戦争では大戦果を上げたが結局敗戦した。

しかし指導者マンネハイムは銅像になりヘルシンキ駅頭で国民の尊敬を集めている。

これが正しい独立国家の国民の在り方だ。日本も東條首相の銅像を建立すべきだ。敗戦ボケを脱しなければならない。

第五はイデオロギーである。

戦前の日本は反共で自由主義だった。

それに対して米国は戦後転向したが、当時のルーズベルトは共産主義ソ連と手を組んで攻撃してきたのだ。

しかし戦後の冷戦の結果を見れば米国が誤りで戦前の日本が正しかった事は明らかだ。

第六は、当時の戦略や国民軍である日本軍人への非難が結局日本国民への非難になっていることだ。

要するに日本が負けたのは日本人が愚かだったからと言うことに帰結する。

そうではないだろう。

日本の軍人は世界一であった。

そのため敵は日本軍人の忠誠心を狂信的、勇敢さを残酷性などと言い換えて非難した。

これは事実を報じると賞賛になってしまうからだ。しかし国際政治の経過を見れば戦後の反日宣伝は終わっている。

日本人は惑わされずに現下の焦眉の問題である再軍備に取り組むべきである。

以上
   (落合道夫)

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ