【入門・日米戦争どっちが悪い(7)】NO.2 最初から落とすつもりだった原爆 相手が日本人だから大量虐殺

【入門・日米戦争どっちが悪い(7)】NO.2
最初から落とすつもりだった原爆 相手が日本人だから大量虐殺

 

現代史研究家の鳥居民氏は、ポツダム宣言はわが国が「黙殺」するように作られていたと論じました。

ポツダム宣言の草案には、共同署名国としてソ連が書かれていましたが、トルーマンと原爆投下を強硬に主張する国務長官ジェームズ・バーンズはそれを削り、中国国民政府に差し替えました。

わが国がソ連に和平の仲介を依頼していることを知っていたため、ソ連への期待を持ち続けさせようとたくらんだのです。

草案には天皇の地位保全(国体護持)を認める条項もありましたが、それも削除しました。

国体護持こそがわが国がこだわっていた降伏条件だったからです。

そして、最後通告の公式文書だと思わせない形式にし、ホワイトハウスや国務省からではなく宣伝機関の戦時情報局から発表しました。

広島と長崎に原爆を落とすまでわが国を降伏させないように、ポツダム宣言はできていたのです。

米国は開戦前にわが国の戦争回避の努力を知りながら時間稼ぎをして追い込みましたが、戦争が終わるときも和平意図を知りながら引き延ばして原爆を落としたのです。

もしドイツの降伏が遅くても、原爆はドイツに対して使われることはなかったでしょう。

日本人に対する人種偏見があったからこそ恐るべき人体実験が行われたのです。

「日本人は獣として扱う」

トルーマンは広島に原爆が投下されたとき、ポツダム会談を終えて巡洋艦オーガスタで帰国する途中でした。

将校から「原爆投下成功」のメモを見せられると飛び上がって喜び、「歴史上、最も大きな出来事だ」と言いました。

 

トルーマンはルーズベルトに負けず劣らずの人種差別主義者でした。

27歳だった1911年、後に妻になるベスに宛てた手紙にこう書きました。

 「叔父のウィルが言うには、神は砂で白人を作り、泥でニガー(黒人の蔑称)を作り、残ったものを投げたら、それが落ちて中国人になったそうです。

叔父は中国人とジャップが嫌いです。私も嫌いです。たぶん人種的偏見でしょう。

しかし私は、ニガーはアフリカに、黄色人種はアジアに、白人はヨーロッパと米国にいるべきだと強く信じています」

 原爆投下を受けて、全米キリスト教会連邦協議会のサミュエル・カバート事務総長はトルーマンに「多くのキリスト教徒が動揺している。それが無差別破壊だからだ」と電報を送りましたが、トルーマンはこう返信しました。

「獣を相手にするとき、あなたはそれを獣として扱わなければならない。大変残念だが、それでも真実だ」

 戦後も「後悔していない」「全く心が痛まない」と繰り返し語りました。

1958年のCBSの番組で、道義上の問題があるので決定は難しかったのではないかと問われると、

「とんでもない。こんな調子で決めたよ」と、ボーイを呼ぶように指をパチンと鳴らしました。

=つづく

(地方部編集委員 渡辺浩)

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ