【入門・日米戦争どっちが悪い(6)】「真珠湾」事前に知っていたルーズベルト 現地に教えず見殺し

【入門・日米戦争どっちが悪い(6)】
「真珠湾」事前に知っていたルーズベルト 現地に教えず見殺し

真珠湾攻撃で炎上する米戦艦カリフォルニア=1941年12月7日(日本時間8日)、米ハワイ州・真珠湾(ロイター)

真珠湾攻撃で炎上する米戦艦カリフォルニア=1941年12月7日(日本時間8日)、米ハワイ州・真珠湾(ロイター)

 わが国はやむなく、1941(昭和16)年12月8日(現地時間7日)、ハワイの米海軍基地を攻撃(真珠湾攻撃)。

米国、英国など連合国を相手に戦争に突入しました。

平和を願ってぎりぎりまで努力を続けた昭和天皇は、開戦の詔書に「豈(あに)朕(ちん)カ志ナラムヤ」(このような事態は私の本意ではない)と書き加えるようご下命になりました。

12日の閣議で戦争の名称を、進行中の支那事変も含めて大東亜戦争と決めました。

「日本に1発目を撃たせろ」

米大統領フランクリン・ルーズベルトは1940年10月8日の段階で、海軍大将ジェームズ・リチャードソンに対し

「遅かれ早かれ、やつら(日本)は過ちを犯し、そしてわれわれは戦争に突入することになる」と語っていました。

陸軍長官ヘンリー・スチムソンの日記によると、ハル・ノートがわが国に通告される前日の1941年11月25日、関係閣僚と軍幹部による戦争閣議でルーズベルトは「米国はたぶん次の月曜日(12月1日)に攻撃を受ける可能性がある」と発言。

「われわれ自身が過大な危険にさらされないで、最初の一弾を撃たせるような立場に、日本をいかにして誘導していくべきか」が話し合われました。

わが国の命運を左右する謀議を行ったその夜、ルーズベルトは浮かれていました。

ホワイトハウスにノルウェーのマッタ皇太子妃を招き、夕食を共にしました。

マッタ妃はナチス・ドイツの侵攻から逃れて米国に滞在し、英国にいたオーラブ皇太子とは離れて暮らしていたのです。

当時40歳で美貌のマッタ妃に59歳のルーズベルトは恋愛感情を抱いていました。

ルーズベルトの妻エレノアはこの日、ニューヨークに出掛けて留守。

ホワイトハウスの記録によると、マッタ妃は午後7時半から翌日午前0時15分までホワイトハウスにいました。

 

27日、国務長官コーデル・ハルはスチムソンに対して「私はそれ(日本との交渉)から手を引いた。

今やそれは君とノックス(海軍長官)の手中にある」と述べました。

外交交渉は打ち切ったので後は軍の出番だというわけです。

「筒抜けだった日本外務省の暗号」

わが国が真珠湾を攻撃するのではないかという噂は早くから米国に伝わっていました。

攻撃11カ月前の1941年1月27日、駐日ペルー公使のリカルド・シュライバーは在日米国大使館に「日本軍は真珠湾を攻撃する準備をしている」という情報を伝え、直ちに駐日米大使ジョセフ・グルーから国務長官ハルに打電されました。

これはグルーの日記にもハルの回顧録にもはっきり記されています。

米国はわが国の外務省が使っていた暗号機の模造に成功し、解読に必要な句読点コードはニューヨークの日本総領事館に深夜侵入して盗撮していました。

外交電文は筒抜けだったのです。

暗号は「パープル」(紫)と呼ばれ、解読文は「マジックという名前が付けられていました。

例えば、外務省は在外公館に対して暗号で、日米関係が危機になれば「東の風、雨」、日ソ関係が危機になれば「北の風、曇り」、日英関係が危機になれば「西の風、晴れ」という偽の天気予報をNHKの海外向け短波放送に紛れ込ませるので、

放送を聞いたら暗号関係の書類を破棄せよ-と打電していました。

米国はこれを解読し、真珠湾攻撃3日前の12月4日に「東の風、雨」が放送されたことを確認しています。

わが国外務省は12月1日に在英大使館などに暗号機の破壊を命じ、2日には在米大使館にも1台を残して暗号機を破壊するよう命ずる外交電文を発信しましたが、これも米国は解読していました。

わが国が交渉による解決を断念し、開戦を決意したと、米国は分かっていたのです。

また、ホノルルの日本総領事館員、吉川猛夫が諜報活動を行っていたことを知りながら泳がせて行動を監視し、真珠湾の米艦船の停泊位置などを報告する電文が増えていたことを把握していました。

わが国が真珠湾の様子に重大な関心を抱いていたことを、米国は知っていました。

オーストラリアはわが国海軍機動部隊がハワイに向かっていることを偵察機が確認し、米政府に報告していました。

米国の参戦を待つ英国も機動部隊の動きを知っていたとされています。

 

(3/5ページ)

真珠湾攻撃で炎上する米戦艦カリフォルニア=1941年12月7日(日本時間8日)、米ハワイ州・真珠湾(ロイター)

真珠湾攻撃で炎上する米戦艦カリフォルニア=1941年12月7日(日本時間8日)、米ハワイ州・真珠湾(ロイター)

 前回紹介したマッカラム覚書を発掘した元米海軍軍人のロバート・スティネットは膨大な史料を基に、米国がわが国海軍の作戦暗号を一部解読していたと論じています。

海軍機動部隊が無線封止の命令を破って不用意に発信する微弱な電波を太平洋の監視網で方位測定し、択捉島・単冠(ひとかっぷ)湾に集結してから真珠湾に向かう動きをつかんでいたというのです。

戦史研究家の原勝洋氏も、真珠湾攻撃前に米国が海軍の暗号を解読していたとする米海軍の報告書を発見しています。

米国がわが国海軍の作戦指示をどの程度解読できていたのかはさらに検証が必要ですが、ルーズベルトが自国が攻撃されることを事前に知っていたことは間違いありません。

「戦争はあした始まるよ」

当時、ハワイの米太平洋艦隊には「エンタープライズ」「レキシントン」「サラトガ」の3隻の空母が配備されていましたが、サラトガは西海岸のサンディエゴで整備中でした。

ハル・ノート通告と同じ11月26日、米海軍首脳部は太平洋艦隊司令長官ハズバンド・キンメルに対して、海兵隊の戦闘機などを運ぶためエンタープライズをウェーク島に、レキシントンをミッドウェー島に派遣するよう指示しました。

キンメルは疑問に思いましたが従い、エンタープライズは28日に3隻の巡洋艦と9隻の駆逐艦を連れて、レキシントンは12月5日に3隻の巡洋艦と5隻の駆逐艦を連れて出港しました。

真珠湾には戦艦アリゾナなど旧型艦ばかりが残ったのです。

真珠湾攻撃に備えて空母などを避難させた可能性があります。

交渉を打ち切るというわが国の最後通告は在米大使館員たちの怠慢によって真珠湾攻撃の55分後に米側に手渡されました宣戦布告遅延問題)。

もちろん大使館員たちのやったことは万死に値します。

しかし、そもそも米国は東京から在米大使館に送られた最後通告の電文を直ちに解読し、いち早く知っていたのです。

在米大使館の残り1台の暗号機の破壊を命じる電文も読んでいました。

真珠湾攻撃前日の6日、海軍幹部から渡された解読文を読み終えたルーズベルトはこう言いました。

「This means war」(これは戦争を意味する)。

ルーズベルトの長女の夫だったジョン・ベティジャーによると、この日、ルーズベルト家は全員が集まってディナーをとりました。

ルーズベルトは中座し、やがて戻ってきて、こう言いました。

「戦争はあした始まるよ」

 

米軍首脳は、最後通告がワシントン時間の7日午後1時、ハワイ時間の午前7時半に手渡される予定で、直後に攻撃が始まる恐れがあると知りながら、この情報をすぐにハワイに知らせようとしませんでした。

軍の通信網ではなくあえて商用電報で送り、陸軍ハワイ司令官ウォルター・ショートと海軍太平洋艦隊司令長官キンメルがそれを受け取ったのは攻撃を受けた何時間も後でした。

米国は味方を欺き、見殺しにしたのです。

国務長官ハルは、遅れた最後通告を手渡しにきた駐米大使の野村吉三郎らに対して、初めて見たように驚いてみせ、

「私はこれほどの虚偽と歪曲に満ちた恥知らずの文書を見たことがない」と芝居を演じました。

陸軍長官スチムソンはその日の日記に「日本が直接ハワイを攻撃したことによって、全問題は解決された」

「第一報にはじめて接したとき、私の最初の印象は、未決定状態が終わって救われたという気持ちであり、また危機は到来したが、これで米国国民は全て団結するという感じであった」と書いています。

ルーズベルトのもくろみ通り、わが国を追い詰めて先制攻撃させ、参戦の口実にしたのです。

 

真珠湾攻撃による米国側の死者は2338人。

ルーズベルトは攻撃を事前に知っていたとはいえ、被害がここまで大きくなるとは思っていなかったとみられます。

ハワイの陸海軍トップであるショートとキンメルは被害を防げなかった責任を問われて、軍法会議も開かれずに解任されました。

しかし真珠湾攻撃の責任者は米大統領ルーズベルトその人なのです。

わが国にハル・ノートを突き付けたことを、ルーズベルトは自国民に公表しませんでした。

開戦権限がある議会にさえ知らせませんでした。

戦争に直結する強硬な通告だと知れると、海外での戦争に反対する米国世論が反発するからです。

事情を知らない米国民は「和平交渉中の卑怯なだまし討ち」とわが国を非難しました。

そもそもハワイは米国が武力で奪った土地ですが、「リメンバー・アラモ」「リメンバー・ザ・メイン」と同じ手口で「リメンバー・パールハーバー」を叫んで戦意を盛り上げたのです。

=つづく

(地方部編集委員 渡辺浩)

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ