【入門・日米戦争どっちが悪い(5)】日本を追い込んだルーズベルト 背景に人種偏見とソ連のスパイ

【入門・日米戦争どっちが悪い(5)】
日本を追い込んだルーズベルト 背景に人種偏見とソ連のスパイ

日本への宣戦布告に署名するフランクリン・ルーズベルト米大統領。第二次世界大戦への参戦を望んでいたとされる=1941年12月8日、米ワシントン(ロイター)

日本への宣戦布告に署名するフランクリン・ルーズベルト米大統領。第二次世界大戦への参戦を望んでいたとされる=1941年12月8日、米ワシントン(ロイター)

 米大統領フランクリン・ルーズベルトは、1939年9月に欧州で始まった第二次世界大戦でドイツに追い詰められていた英国を助けるためにも、参戦したいと考えていました。

しかし米国民の圧倒的多数は第一次大戦に懲りて戦争を望んでおらず、ルーズベルトは1940年11月に3選を果たした際に「あなた方の子供はいかなる外国の戦争にも送られることはない」と、戦争しないことを公約にしていました。

「選挙公約に反して戦争たくらむ」

参戦するにはよほどの口実が必要です。

米軍はドイツの潜水艦を挑発して、ドイツ側から攻撃させようとしましたがドイツは引っ掛かりませんでした。

そのためルーズベルトは、ドイツ、イタリアと三国同盟を結んだわが国を挑発するという「裏口」からの参戦をたくらんだのです。

12月、米国議会は中国国民政府への1億ドルの借款供与案を可決。

ルーズベルトは「われわれは民主主義の兵器廠とならなければならない」との談話を発表しました。

翌1941年3月には、大統領の権限で他国に武器や軍需品を売却、譲渡、貸与することができる武器貸与法を成立させました。

これによって英国や中国国民政府、ソ連に軍事援助を行いました。

「戦争しない」と言って選挙に勝った、わずか半年後のことです。

 

ルーズベルトの側近中の側近である財務長官ヘンリー・モーゲンソーは1940年、宣戦布告せずに国民政府軍を装ってわが国を先制爆撃する計画を政権内部で提案しました。

「日本の家屋は木と紙でできているのだから焼夷(しょうい)弾で焼き払おう」と目を輝かせたといいます。

米国は早くから関東大震災の被害を分析し、焼夷弾による空襲がわが国に対して最も効果的だと認識していました。

 モーゲンソーの案はそのときは採用されませんでしたが、米国はフライングタイガースと称して戦闘機100機と空軍兵士200人を中国に派遣し、前回紹介した退役軍人クレア・シェンノートの指揮下に置きました。

戦闘機は国民政府軍のマークを付けていましたが、米国は実質的に支那事変に参加していました。

日米戦争は始まっていたのです。

ルーズベルトは有権者への公約を破っていました。

 国民政府軍を装ったわが国への先制爆撃計画は翌1941年、息を吹き返します。

7月23日、ルーズベルトはJB355と呼ばれる文書に署名しました。

その文書は150機の長距離爆撃機を国民政府軍に供与して、東京、横浜、京都、大阪、神戸を焼夷弾で空襲するという計画書でした。

真珠湾攻撃の5カ月前にルーズベルトはわが国への攻撃を命令していたのです。

 しかも、この計画を推進した大統領補佐官ロークリン・カリーはソ連のスパイだったことが明らかになっています。

 

JB355への署名から2日後の7月25日、米国は国内の日本資産を凍結。

28日にわが国が南部仏印進駐に踏み切ると、米国は8月1日、わが国への石油輸出を全面的に禁止しました。

そして英国、中国、オランダをそそのかして封じ込めを強めました(ABCD包囲網)。

石油がなければ国は成り立ちませんから、「死ね」と言っているのと同じです。

 第一次世界大戦の後、侵略戦争を放棄しようとパリ不戦条約がわが国や米国、英国、フランスなどの間で結ばれていました。

米国務長官フランク・ケロッグとフランス外相アリスティード・ブリアンの協議から始まったことからケロッグ・ブリアン条約とも呼ばれています。

 ケロッグは条約批准を審議する議会で、経済封鎖は戦争行為ではないかと質問されてこう答弁していました。

「断然戦争行為です」。

つまり米国はわが国に戦争を仕掛けたのです。

 戦争準備のため時間稼ぎ

 わが国は米国との対立を平和的に解決しようと交渉していました(日米交渉)。

石油全面禁輸から1週間後の8日、首相の近衛文麿はハワイでの日米首脳会談を駐米大使の野村吉三郎を通じて米国務長官コーデル・ハルに提案しました。

しかしルーズベルトはそのころ、大西洋上の軍艦で英国首相ウィンストン・チャーチルと謀議を行っていました(大西洋会談)。

 ここで発表されたのが有名な大西洋憲章、「領土不拡大」「国民の政体選択権の尊重」「強奪された主権・自治の返還」がうたわれました。

さんざん植民地を増やしてきた米国と英国に言われても説得力はありません。

 実際「政体選択権の尊重」はドイツ占領下の東欧のことを言っていて、アジアの有色人種に適用するつもりはありませんでした。

ウィルソンの「民族自決」、ヘイの「門戸開放」などと同様、美辞麗句と行動が一致しないのが米国です。

 

大西洋会談でルーズベルトは、参戦を求めるチャーチルに対して「3カ月はやつら(日本)を子供のようにあやすつもりだ」と述べました。

戦争準備のため時間稼ぎをするのでしばらく待ってくれという意味です。

ルーズベルトはわが国に対して「ハワイは無理だが、アラスカのジュノーでなら会談してもいい」などと回答して気を持たせましたが、初めから首脳会談を行うつもりなどありませんでした。

 実は前年の1940年10月、米海軍情報部極東課長アーサー・マッカラムが、日本を追い詰めて先制攻撃させる方法として8項目の覚書を書いています(マッカラム覚書)。

そこには「在米日本資産の凍結」や「オランダとともに日本への石油輸出を禁止する」といった内容がありました。

それがほぼ実行に移されたのです。

 1941年11月15日、米陸軍参謀総長ジョージ・マーシャルは非公式の記者会見で「紙でできた日本の都市を燃やす」「市民を爆撃することに何の躊躇も感じない」と言い放ちました。

 26日、米国はわが国に中国大陸からの撤退などを求めるハル・ノートと呼ばれる最後通告を突き付けてきました。

 

「ハル・ノート起草したのはソ連のスパイ」

 ルーズベルトは極端な人種差別主義者で、日本人を病的に蔑視していました。

「日本人は頭蓋骨の発達が白人より2000年遅れているから凶悪なのだ」と大真面目に信じていたのです。

駐米英公使ロバート・キャンベルはルーズベルトとの会談内容を本国に報告した手紙で、ルーズベルトがアジアで白人との人種交配を進めることが重要と考え、「インド-アジア系、あるいはユーラシア系、さらにいえばヨーロッパ-インド-アジア系人種なるものを作り出し、それによって立派な文明と極東『社会』を生み出していく」、

ただし「日本人は除外し、元の島々に隔離してしだいに衰えさせる」と語ったと書いています。

 「元の島々に隔離してしだいに衰えさせる」という妄想を言葉に出して、わが国に通告したのがハル・ノートなのです。

 もし米国が他国から「建国当初の東部13州に戻れ」と言われたらどう思うでしょうか。

戦後の東京裁判でインド代表判事のラダビノード・パールは「同じような通牒を受け取った場合、モナコ王国やルクセンブルク大公国でさえも合衆国に対して戈(ほこ)を取って起ち上がったであろう」という歴史家の言葉を引用しています。

 ハル・ノートは国務長官のハルが手渡したためそう呼ばれていますが、原案を書いたのは財務次官補ハリー・ホワイトでした。

ホワイトはJB355を推進したカリーと同様、ソ連のスパイでした。

米国とわが国を戦わせるため、とても受け入れられない強硬な内容にしたのです(ホワイトがソ連のスパイだったことは戦後明らかになり、下院に喚問された3日後に自殺しています)。

 ハル・ノートを出す前に米国は暫定協定案を作っていました。

わが国が受け入れ可能な内容でしたが、中国国民政府の蒋介石が強硬に反対しました。

カリーの推薦で蒋介石の顧問になっていたオーエン・ラティモアが暗躍していたのです。

米国のシンクタンク、太平洋問題調査会(IPR)にはラティモアら共産主義シンパが入り込んでいました。

わが国の昭和研究会と同じような役割を果たしたといえます。

 ルーズベルト政権には300人ものソ連への協力者が入り込んでいました。

ソ連の浸透は、ソ連のスパイが本国とやり取りした暗号電報を米軍が解読したヴェノナ文書が1995年になって公開されて明らかになりました。

 前に述べた通り、ルーズベルトは共産主義への警戒感はなく、ソ連の独裁者ヨシフ・スターリンについて「共産主義者ではなく、ただロシアの愛国者であるだけだ」と言っていました。

妻のエレノアも共産主義に共鳴していました。

ルーズベルトはわが国と米国を戦わせようというスターリンの謀略に影響されていたのです。

 こうしてわが国は追い詰められていきました。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ