大東亜戦争肯定論 : 〜令和最初の終戦記念日に考える昭和、日本人の想い 「ライズ・アップ・ジャパン」

大東亜戦争肯定論 :  〜令和最初の終戦記念日に考える昭和、日本人の想い 

「ライズ・アップ・ジャパン」

本日から8月28日(水)23:59まで
上島嘉郎の「ライズ・アップ・ジャパン」
最新号の一部を動画で無料公開しています。

テーマは
大東亜戦争肯定論
〜令和最初の終戦記念日に考える昭和、日本人の想い

3日間限定で公開していますので、
是非この機会をお見逃しなく。

>最新号の一部を視聴する

画像

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2019年8月15日
日本は令和最初の「終戦の日」を
迎えました、、、

なぜ、この日が終戦の日と決まったのか、、

それは、
日本がポツダム宣言を受諾して
無条件降伏をした日だからです。

しかし、ここには
多くの国民が知らない
嘘があります、、、

それは、「日本が無条件降伏をした」
という部分です。

ポツダム宣言の中には
日本の降伏条件が示されており、

日本はポツダム宣言の条件を
飲むことで降伏したのです。

つまり、条件付きで降伏をしたのであって
無条件降伏というのは、真っ赤な嘘です、、

しかし、
有条件だったのにも関わらず
マスコミも教科書も
「日本が無条件降伏した」と報じ、
一般国民もそう思い込まされています、、、

しかも、終戦の日に隠された嘘は
これだけではありません。

これ以上の嘘があるんです 。

これを知らないと、
今の日本がどのようにして
成り立っているのかを知ることはできません 。

また、先人たちがどんな風に
欧米に虐げられてきたか…

どんな風に、
それに立ち向かおうとしてきたのか…

教科書の1,2行では決して知ることのできない、
日本視点の歴史の真実が見えてきません

その隠された嘘とは一体、、、

>続きはこちらから

ライズ・アップ・ジャパン事務局 清水倫和

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ