日本を貶める「米国の人柱」  ライズアップジャパン

上島嘉郎の新講座

「戦慄の日米開戦前夜
 ~アメリカの対日圧力、そして運命のハル・ノート」

予約販売キャンペーンも
残りあと6時間となりました…

ぜひ以下のページから
詳細をご確認ください…

ここからお得なオファーを確認する

  *  *  *  *  *

「トラ・トラ・トラ」…ワレ奇襲ニ成功セリ

、、、1941年12月8日、真珠湾。

ここは太平洋最強の
アメリカ軍事要塞。

アメリカ国内では、

「日本軍がパールハーバーを攻撃して
 成功する確率は100万分の1しかない」

といった記事も出回るほどだった。

しかし、日本軍の実力は凄まじかった。

この真珠湾攻撃だけで
アメリカ軍は第一次世界大戦の
3倍以上の死傷者を出した。

約30万トン分の艦船が戦闘不能となり、
さらに太平洋戦域における航空戦力の
約70%を失った。

米海軍としては史上最大の損害だった。

あまりの大損害だったためアメリカは、
12月16日、調査委員会を発足させ
調査に当たらせた。

そこで出された結論は…

2人のアメリカ軍人
キンメル海軍大将とショート陸軍中将の

「職務怠慢」

この2人の軍人のせいで
ハワイが酷い目に遭った…

そう結論づけられた…

アメリカ国民は2,000人以上の
犠牲者を出した「戦犯」2人を罵った。

結果、2人は降格の上、
軍人を退役させられたのだった…

、、、しかし、1944年に至って、
キンメル海軍大将とショート陸軍中将は
ある要求を出した。

「俺たちは冤罪だ。

 疑いを晴らすために
 正式な会議を開いて
 改めて調査してほしい」

だが、ルーズベルト大統領は軍に命令して、
決して会議を開催させなかった。

なぜか…?

それは、正式な調査が始まれば

●ルーズベルトが日本の攻撃を
 知っていながらそれを
 現場に伝えなかったこと…

●ルーズベルトは
 自分が日本との戦争を望んでいたこと

●これらのことを隠蔽するために
 2人の軍人に罪をなすりつけたこと

がバレるからである、、、

ルーズベルトの死後も

「アメリカは卑怯な日本を
 叩き潰した正義のヒーローだ」

という「東京裁判史観」を固辞する人々と

「真実」を追求する
良識あるアメリカ国民との間で
攻防が繰り広げられてきた。

戦後、十一回にもおよぶ
調査委員会や査問委員会が
2000年までの50数年間にわたって
延々と行なわれるようになったのだ、、、

これだけの調査を通してようやく

「アメリカが日本に最初の攻撃を撃たせるよう
 あらゆる工作をしていた」

という真実は
ほとんど明らかになっている。しかし、、、、

アメリカがこのことを
正式に認めることはない。

実際、時のビル・クリントン大統領も
次のブッシュ大統領も、
調査資料への署名を公然と拒否している…

  *  *  *  *  *

実はアメリカでも
まだ少数派ではありますが、
一部の良識のある人々の間で

「アメリカが日本に最初の攻撃を撃たせるよう
 あらゆる工作をしていた」

という真実は知られているのです。

しかし、アメリカの大統領としては
それを認めることができないのは
当然ですよね…?

なぜならこの事実に署名してしまうと、
「日本を悪者に仕立て上げ、事実を捻じ曲げた」
という歴史の汚点を自ら認めたことに
なるからです、、、

したがって、先の大戦で勝った
アメリカやイギリスといった国々が
このことを国家として認めることは、
これからもないでしょう…

では真実が広まるにはどうすれば良いか…?

それは「被害者」である私たち日本人が
知っていくしかありません…

しかし残念ながら、日本にもまた
このような真実を知られたくない勢力は
たくさんいます、、、

「日本=悪者」という
東京裁判史観に媚びて
今の地位を得てきた歴史学者も
その1つです、、、

彼らとしてはなんとしても
「日本が被害者だった」
ということを認めるわけにはいきません。

それを認めてしまえば
今までの自分の学説や論文が
全て無意味なものだったことになるからです。

何十年もその地位に座ってきた
彼らにとったら、
真実が広まることは
非常に都合が悪いわけです、、、

そのような人々が
日本の教科書を作っているわけですから、
ここでお話ししているような
「日米開戦の真相」が
広まることはなかなかありません…

私たちの子供や孫もまた
教科書にのっとって
「日本=悪」の歴史を教わるわけです、、、

すると、それを学んだ子供たちはどう
思うでしょうか?

「僕たちのおじいさんたちは悪者だったんだ」

「日本的価値観は古臭くて鬱陶しい」

「日本なんてなくてもいいじゃん」

、、、こうして日本に誇りを
持てなくなっているのが
戦後の日本ではないでしょうか?

これを防ぐにはまずは私たち
大人が真実を知り、
子供や孫といった後の世代の日本人に
語り継いでいくしかありません…

「真実を知る人が少しでも増えてほしい」

そんな思いで上島嘉郎さんと制作を始めた

大東亜戦争の研究第6巻

「戦慄の日米開戦前夜
 ~アメリカの対日圧力、そして運命のハル・ノート」

に今日参加するもしないも
あなたの自由です。

ですが、もし

「誇れる日本を守っていきたい」

という私たちの思いに共感してくださるなら、
ぜひこの「予約販売」というおトクな機会を
活用してみてください…

ここから講座に申し込む

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ