【日米開戦の謎】実は米国は勝つはずがなか​った?

【日米開戦の謎】実は米国は勝つはずがなか​った?

昨日公開したこちらの動画は
すでにご覧になりましたか?

【6/4まで公開の新ビデオ】

世界の命運を左右した戦争…
アメリカが人類史上最速で
覇権を取った秘密とは?

まだの方は、こちらからご覧ください。

>ビデオを視聴する

=============

あなたはこれが何の写真か分かりますか?

これは1929年の世界大恐慌により、
大不況となったアメリカの街の写真です。

この世の栄華を味わっていた
アメリカ国民は大恐慌によって、
空前のパニック状態となりました…

失業率は25%、

都市部では50%近い失業率となり、
国内は失業者が溢れかえりました…そのため、多くの人が、
わらやダンボールを拾い集めてハリボテの家を建て、
ゴミを漁って何とか命をつなぐ
という生活をしいられました。国内各地で、この写真のような
ホームレス街ができ、

このような街のことを、
当時の大統領の名前から取って
フーバー村と名前がつくほど
当たり前の光景となっていました…

その後、ルーズベルト大統領が
ニューディール政策などの財政政策を行い、
景気回復を目指しましたが、

1937年には失業率が再度上がってしまい、
またルーズベルト恐慌と呼ばれる危機に直面。

なんと、日米開戦前の1940年の時点でも
失業率は14.6%と失業者が多くいました…

このような状況にも関わらず、
なぜアメリカは第2次世界大戦で
圧倒的な強さを見せつけることができたのか?

なぜ、戦後1950年には
世界のGDPの30%を占め、
覇権国としての地位を確立したのか?

その真相をこちらからお確かめください。

>真相を確かめるPS.
明日までに本講座にお申し込みいただくと、
定価1728円(税込)の

こちらの本をセットでご提供いたします。

ビジネス社より、約1ヶ月前に出版された
この本を本編を学んだ上で読むことで、

欧州分裂、米国は弱体化し、中国は帝国化。
このような不安定化する世界の今後はどうなるのか?

そして私たち日本国民は
いかなる選択をすべきなのか。

このようなことが、はっきりと理解できるはずです。

こちらの本が手に入るのは、
6月3日(月)23時59分までです。
(発送など詳細については、
ご購入後、別途メールにておしらせします。)

少しでもご興味がある方は、
こちらから詳細をご確認ください。

>ここから詳細を確認する

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ