ライズアップジャパン: 真珠湾攻撃、日本人が涙を流した訳とは?

真珠湾攻撃、日本人が涙を流した訳とは?

ライズアップジャパン事務局

昭和16年12月8日…

真珠湾攻撃…

当時、36歳だった
作家の坂口安吾は、
ラジオニュースでこの報せを聞いて
涙を流したそうです…

それは決して戦後、
私たちが教わったような

「無謀な戦争を始めてしまった」
「つらい戦争が続くのか…」

といった理由ではありません。

坂口安吾は次のように
記録を残しています。

「僕はラジオのある床屋を探した。

 やがて、ニュースがある筈である。

 客は僕ひとり、頬ひげをあたっていると、
 大詔(おおみことのり)の奉読、
 続いて、東條首相の謹話があった。

 涙が流れた。言葉のいらない時が来た。

 必要ならば、僕の命も捧げねばならぬ。

 一歩たりとも、敵をわが国土に
 入れてはならぬ。」



「アメリカ兵に負けてたまるか」

という強い決意だったんですね…

日米開戦を知ってこのように
感じていたのは、
何も日本人だけではありません。

その当時、日本人が実際に何を言い、
どのように考えていたのかについて
プレゼンテーションを公開しました。

・なぜ、私たちのご先祖は、
 日本中を焦土にされ、
 2発の原爆を落とされるまで、
 戦い抜く必要があったのでしょうか?

・なぜ、暑くて食糧もない南方の戦場や、
 寒くて凍える満洲やモンゴルで、
 命の危険を冒してまで戦う
 必要があったのでしょうか?

・そもそも、アメリカみたいな
 巨大な先進国となぜ、
 日本みたいな小っぽけで
 貧しい島国が戦争を
 しないといけなかったんでしょうか?

公開中のプレゼンテーションで
その真実を知ってください…

詳しくはこちら

ーライズ・アップ・ジャパン事務局 小川友希

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ