「GHQ焚書図書開封を読む」西尾幹二 NO.1

「GHQ焚書図書開封を読む」西尾幹二

 

 この本を読み、紹介されている焚書対象本を見ると戦前、戦中の白人国家による日本の差別、非礼、侮辱の様子が良くわかった。

 

.「米英挑戦の真相」昭和18年6月、毎日新聞社から出版された大東亜調査会編。

 この本は、一番早い時期に焚書された書物の一つである。

 ABCD包囲陣の勢力が日本を取り巻いていた。

その包囲陣について日本は全部知り抜いていた。

一番最後に「対日包囲陣の悪辣性」について書かれている。

 

「米国が日露戦争直後より今次開戦直前に至るまで、或いは排斥、或いは圧迫、果ては弾圧など、わが国に加えた侮辱と非礼とは、世界4千年の国交史に稀なものであり、又、英国が明治維新前後より日清戦争まで、

そしてワシントン会議より今次開戦直前まで、わが国に対して取った態度も、これまた米国と何れか烏の雌雄を知らんやの顔で、ただ米国の如き暗愚下劣なる露出症的態度でなかったというに止まる。

 

過去幾多の米英の対日外交振りを見れば、その内容の暴慢なるは勿論、其の態度や傲岸、その言辞や横柄、なすところは悪辣非道筆舌をもって形容し難き物があり、顧みてよくも我々の先輩はこれを堪忍してきたものだとその自重の裏に潜む万克斛の血涙を、そぞろに偲ばざるを得ない程である。」

 

これだけ読めばずいぶん激しい言葉に聞こえるかもしれないが、ABCD包囲陣の「悪辣性」についてはこれ以前に詳しく書いてありますので説得力のある記述ですと著者は言う。

 

日本の戦争が「一等国民」のプライドの戦いであった、目に見えない敵、西欧合理主義との戦い、明治以来の自分自身との戦いであったと先に述べたことにも関係が有ると著者は言う。

 日本政府が対日包囲陣のもっている手強さと強固さ、そしてそれが持つ恐ろしさを知っていたということだと著者は述べている。

 ・・・・・・ 著書引用終わり・・・・・・・

 

「コメント」

 私は、今までこういう本に出会うことが出来なかった。

そして、我々が日本軍部が無謀な戦争をして日本を壊滅させたと言われていたし、また、軍部の暴走で敵を良く知らずに起こした戦争だという左翼の意見に反論し得なかった。

戦前が悪だったということにも反論出来なかった

日本の軍部が政府の言うことを聞かず英米との無謀な勝ち目のない戦争に突入してしまったのかと考えることもあった。

 

それは、戦前、戦中のことを書いた日本の政治、軍事、歴史、思想、文明、道徳、外交と宗教について書かれた本を簡単に読むことが出来なかったからだと思う。

 

国民に秘密にして焚書されて再出版されなかったため戦後の日本人は、GHQの洗脳に

見事に騙されてしまったのだと思うのである。

 大東亜戦争が起きなければ今の日本の国難や国を売る情けない日本人はこうも大量に生まれなかったであろう。

 

・・・・また、著書からの引用・・・・・・・・

 

正直言うと私も当時の政府がなぜ日独伊三国同盟を結んだのかと遺憾とすることがあった。

しかし、例えば昭和15年頃の日本人がどのような認識を持っていたのか、或いは世界がどのように日本を見ていたのか、そして世界史はどんな風に動いていたのか・・・ということを考えに入れないと、当時の日本人は愚劣だったということで終わってしまいます。

でも必ずしもそうではないんですね。

 

松尾樹明という人が書いた「三国同盟と日米戦」と言う本がございます。

これを読んでいつと大変面白い印象を持ちましたのでいくつかの箇所を引いておきましょう。

まずは、「アメリカ艦隊の小笠原占領」という章から。・・・・・・・・・・

 

次に続く。

  

 「GHQ焚書図書開封」西尾幹ニ著。徳間書店。2008年6月発行。

 

GHQ焚書図書開封

GHQ焚書図書開封

posted with amazlet at 19.01.17
西尾 幹二
徳間書店
売り上げランキング: 247,397

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ