平間源之助著、平間洋一編『軍艦「鳥海」航海記』(イカロス出版)

平間源之助著、平間洋一編『軍艦「鳥海」航海記』(イカロス出版) 

 激戦地を命がけの航行、ときにのんびりとビール
  戦地の現場で兵士等はいかなる戦闘をしていたかを活写

平間源之助・兵曹長の航海日誌ならびに戦闘記録で、昭和16年から同17年分を収録している。

貴重な歴史証言でもある。

 軍艦「鳥海」はガダルカナル、ラバウルなどソロモン海域の激戦区に派遣され、その任務を果たした。

日本側には夥しい戦死者が南太平洋戦域ででた。

毎日のように葬儀が行われた。

 「鳥海」がラバウルへ寄港すること十数回に及ぶ。

♪「さらばラバウルよ、またくるまでは、暫し別れの涙がにじむ」と軍歌に唱われた。

後に漫画家として世を席巻した水木しげる氏も、ラバウルで片手を失った。

 鳥海は巡洋艦、第8艦隊の旗艦としてガダルカナル、ニューギニア争奪戦でも戦った。

 編者の平間洋一氏の父が原作者であり、父親が生まれ、育ったのは宮城県の片田舎。庄屋だった。

大正デモクラシーの退廃文化が去ると、日本には大不況が訪れ、女性の身売りばかりか、男も奉公人として売られた時代、そのうえ反軍思想が蔓延していたという。

 さて編者の平間洋一氏は名作『イズムから見た日本の戦争』『日露戦争が変えた世界史』『日英同盟』などを著し、斯界では有名な存在だが、海将補を経て防衛大学教授を務めた。

本書はその平間氏の父親の従軍航海記である。

 たとえば昭和17年8月7日の項目を読む。こう書かれている。

「昨日敵の偵察を受け、本日空爆の算大なるにつき、1600出港を0415出港す。

0430頃、敵機動部隊20余隻、空母1,巡5,駆15,ソロモン群島に現るとの報ありて、アドミラルティ進出を取りやめラバウルに急航す」

8月8日 ツラギ奇襲す。

「0400索敵機発進。全員死出の服装を為す。真新しい軍服に着替う。

敵を見ざればツラギ泊地に殺到せむとする長官の決意なり。

早めに朝食に就く。覚悟を定む」

8月9日。「ソロモン海戦。英米大巡5隻撃沈。3隻大破。駆逐艦四隻撃沈。計12隻。

0400 飛行機発進の敵を撃滅すべく、快速力にてツラギ泊地に向かう。

230総員戦闘配置に就く。(中略)左舷6000に米大巡を認む

右に戦艦在り。これに魚雷攻撃撃沈。左舷に大巡4隻、片端より砲撃、撃沈して進む。

一発の抵抗すらなし」

 しかしガダルカナル奪回は敵の制空権が確保されていたため輸送が困窮を極め、戦局は著しく不利となった。

「8月28日、給油艦の運航おもうようにならず味方海上部隊ほとんど燃料不足にて続々入泊し来る。

(中略)この時赤城等ミッドウェイにて失いし空母あらば甚大なる戦果を得しことと思う。

重々残念なり。なんとしても空軍絶対的勝利なり。制空権なくして制海権なし」

 翌日からラバウル空襲、戦死夥しく葬送に追われる。

 「8月31日。ラビ陸戦隊苦戦 敵大型空母一撃沈。イ26号 0645。

(日本では)日一日と秋めいて山の草木も万色に染なし

果物穀物すべてが豊作を告ぐるの秋。ここラボール(ラバウル)は日一日と暑さを増し、一日中汗だくとなる。

(中略)モレスビー攻略も今年中かかるのじゃないかと懸念さる」

 ガダルカナルの玉砕、ソロモン沖海戦、そしてラバウスの攻防、あの勇猛果敢な戦いの日々を日記は淡々と綴っていて、戦局の推移、心理的変化、大本営の失策などが、行間言に埋め込まれている。

「南の島に雪が降る」という映画を遠き昔、評者(宮崎)も見たことがあるが、これは加東大介自身がニューギニアのマノクワリでの戦争経験談を書いた実録で、多くの人を泣かせた。

 1995年には水島総監督で新作もつくられた。

戦士達の日々、瞼に浮かべながら、戦地の苦労を思った。
  ○△□☆◎○△□☆◎○△□☆◎△□○

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ