大東亜戦争に対する諸国の評価 NO.3

大東亜戦争に対する諸国の評価 NO.3

28.ラジャー・ダト・ノンチック(マレーシア元上院議員) 

私たちは、マレー半島を進撃してゆく日本軍に歓呼の声をあげました。

敗れて逃げてゆく英軍を見た時に今まで感じたことのない興奮を覚えました。

しかもマレーシアを占領した日本軍は日本の植民地としないで将来のそれぞれの国の独立と発展の為に、それぞれの民族の国語を普及させ青少年の教育をおこなってくれたのです。 

28-2 ラジャー・ダト・ノンチック(マレーシア元上院議員) 

この国に来られた日本のある学校の先生は「日本軍はマレー人を虐殺したに違いない。その事実を調べに来たのだ」と言っていました。

私は驚きました。

「日本軍はマレー人を一人も殺していません。」 と私は答えてやりました。

日本軍が殺したのは、戦闘で闘った英軍や、その英軍に協力した中国系の抗日ゲリラだけでした。 

29.マレーシア マハティール首相 

日本は、軍国主義が非生産的であることを理解し、その高い技術とエネルギーを、貧者も金持ちも同じように快適に暮らせる社会の建設に注いできた。

質を落とすことなくコストを削減することに成功し、かつては贅沢品だったものを誰でも利用できるようにしたのは日本人である。

まさに魔法も使わずに、奇跡とも言える成果を創り出したのだ。

(中略)東アジア諸国でも立派にやっていけることを証明したのは日本である。

そして他の東アジア諸国はあえて挑戦し、自分たちも他の世界各国も驚くような成功をとげた。

東アジア人は、もはや劣等感にさいなまれることはなくなった。

いまや日本の、そして自分たちの力を信じているし、実際にそれを証明してみせた。

もし日本なかりせば、世界は全く違う様相を呈していただろう。

富める北側はますます富み、貧しい南側はますます貧しくなっていたと言っても過言ではない。

北側のヨーロッパは、永遠に世界を支配したことだろう。

(欧州・東アジア経済フォーラム 1992年10月14日) 

30.朴 鉄柱(韓国 平成二年一月逝去・六十八歳 、韓日文化研究所 昭和四十二年十月) 

「ソウルから日本を眺めていると、日本が”心”という字に見える。

北海道、本州、四国、九州と、心という字に並んでいるではないか。

日本は万世一系の御皇室を頂き、歴史に断絶がない。

それに対して韓国は、断絶につぐ断絶の歴史で涙なくしてみることはできない。」 

「第二次大戦後の日韓関係は、李承晩政権の影響もあって、共産主義以上に日本を憎む傾向があった。

そのため日韓の氷山の一角を誇大に強調して、隠された部分を見落としていた。

お互いの精神的歴史的豊かさを掘り起す努力をしようではないか。

そのために日本は自信をとり戻して、おおらかに民族形成の原点に立ち返ってほしい」 

「現在の日本の自信喪失は敗戦に起因しているが、そもそも大東亜戦争は決して日本から仕掛けたものではなかった。

平和的外交交渉によって事態を打開しようと最後まで取り組んだ。

それまで日本はアジアのホープであり、誇り高き民族であった。

最後はハル・ノートをつきつけられ、それを呑むことは屈辱を意味した。

”事態ここに至る。座して死を待つよりは、戦って死すべし”というのが、開戦時の心境であった。

それは日本の武士道の発露であった。

日本の武士道は、西欧の植民地勢力に捨て身の一撃を与えた。

それは大東亜戦争だけでなく、日露戦争もそうであった。

日露戦争と大東亜戦争ーこの二つの捨て身の戦争が歴史を転換し、アジア諸国民の独立をもたらした。

この意義はいくら強調しても強調しすぎることはない。」 

「大東亜戦争で日本は敗れたというが、敗けたのはむしろイギリスをはじめとする植民地を持った欧米諸国であった。

彼らはこの戦争によって植民地をすべて失ったではないか。

戦争に勝った敗けたかは、戦争目的を達成したかどうかによって決まる、というのはクラウゼヴィッツの戦争論である。

日本は戦闘に敗れて戦争目的を達成した。

日本こそ勝ったのであり、日本の戦争こそ、”聖なる戦争”であった。

ある人は敗戦によって日本の国土が破壊されたというが、こんなものはすぐに回復できたではないか。

二百数十万人の戦死者は確かに帰ってこないが、しかし彼らは英霊として靖国神社や護国神社に永遠に生きて、国民尊崇対象となるのである。」 

31.朱 耀翰 {韓国 元国会議員 ゴーマニズム宣言第六巻p232} 

「アメリカ大統領ルーズベルト君、君は口を開けば必ず正義と人道を唱えるが、パリ講和条約の序文に人種差別撤廃文案を挿入しようとしたときこれに反対し削除したのはどこの国だ?

黒人と東洋人を差別待遇して同じ席にも着かせずアフリカ大陸で奴隷狩りをしたのはどこの国であったか?

しかし君らの悪運はもはや尽きた。

一億同胞なかんずく半島の二千四百万は渾然一体となって大東亜聖戦勇士とならんことを誓っている!」 

32.孫文(中国革命の指導者) 

ベルサイユ講和会議で、日本は五大国の一員として席に着いた。

日本はアジア問題代弁者だった。

他のアジア諸国は、日本をアジアの『先頭馬』として認め、その提案に耳を傾けた。

白人人種にできることは日本人にもできる。

人間は肌の色で異なるが知能に違いはない。

アジアには強い日本があるから、白人人種はアジアのいかなる人種も見下すことはできない。

日本の台頭は大和民族に権威をもたらしただけではなく、アジア全民族の地位を高めた。」

(孫文『三民主義』より) 

33.蒋介石 

ラモウ・騰越を死守しある日本軍人精神は、東洋民族の誇りたるを学び、範として我が国軍の名誉を失墜せざらんことを望む 

34.許文襲(実業家) 

「台湾の今日の経済発展は、日本時代のインフラ整備と教育の賜物です。

当時、搾取に専念したオランダやイギリスの植民地と違い、日本のそれは良心的な植民地だったのです。」

「戦前の日本の台湾統治に対し謝罪する必要などありません。

戦後の日本政府は深い絆を持ちながら世界で一番の親日国家である台湾を見捨てました。

謝罪すべきはむしろ戦後の日本の外交姿勢です。」

(蔡焜燦『台湾人と日本精神』) 

35.ベルナール・ミロー(フランス ジャーナリスト) 

これら日本の英雄達は、この世界に純粋性の偉大さというものについて教訓を与えてくれた。

彼らは1000年の遠い過去から今日に、人間の偉大さというすでに忘れ去られてしまったことの使命を、とり出して見せつけてくれたのである。(『神風』) 

36.アンドレ・マルロー(フランス 元文化相) 

日本は太平洋戦争に敗れはしたが、そのかわりに何ものにも替え難いものを得た。

それは、世界のどんな国も真似のできない特別攻撃隊である。

スターリン主義者たちにせよ、ナチ党員にせよ、結局は権力を手に入れるための行動だった。

日本の特別攻撃隊たちは、ファナチックだっただろうか。断じて違う

。彼らには、権勢欲とか名誉欲など、かけらもなかった。祖国を憂える尊い情熱があるだけだった。

代償を求めない純粋な行為、そこには真の偉大さがあり、逆上と紙一重のファナチズムとは根本的に異質である。 

人間は、いつでも、偉大さへの志向を失ってはならないのだ

(ベルナール・ミロー『神風』内藤一郎訳、早川書房、359頁) 

37.サンティン・アムステルダム(オランダ 内務大臣 元市長) 

本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。

日本は敗戦したが、その東亜の解放は実現した。

即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から追放して終わった。

その結果、アジア諸民族は各々独立を達成した。

日本の功績は偉大であり、血を流して闘ったあなた方こそ最高の功労者です。

自分を蔑むことを止め、その誇りを取り戻すべきであります。 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ