大東亜戦争に対する諸国の評価 NO.1

大東亜戦争に対する諸国の評価 NO.1

1.H・G・ウェルズ(イギリス、歴史学者) 

「この大戦は植民地主義に終止符を打ち、白人と有色人種との平等をもたらし、世界連邦の礎石をおいた。」(名越二荒之助『世界から見た大東亜戦争』展転社) 

2.アーノルド・J・トインビー(イギリス、歴史学者) 

 第二次大戦において、日本人は日本のためというよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために、偉大なる歴史を残したと言わねばならない。

その国々とは、日本の掲げた短命な理想であった大東亜共栄圏に含まれていた国々である。

日本人が歴史上に残した業績の意義は、西洋人以外の人類の面前において、アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、過去二百年の間に考えられていたような、不敗の半神でないことを明らかに示した点にある。(1965年十月二十八日、英紙「オブザーバー」) 

 英国最新最良の戦艦2隻が日本空軍によって撃沈されたことは、特別にセンセーションを巻き起こす出来事であった。

それはまた永続的な重要性を持つ出来事でもあった。 

なぜなら1840年のアヘン戦争以来、東アジアにおける英国の力は、この地域における西洋全体の支配を象徴していたからである。

1941年、日本はすべての非西洋国民に対し、西洋は無敵でないことを決定的に示した。

この啓示がアジア人の志気に及ぼした恒久的な影響は、1967年のベトナムに明らかである。

(昭和43年三月二十二日「毎日新聞」) 

3.イギリス マウントバッテン大将(イギリス軍・東南アジア総司令部司令官) 

 かつて不敗を誇った日本軍も半年の死闘に衣服や靴もボロボロとなり、ささえるものは不屈の精神力だけであった。

日本軍はインパールにおいて、ついに敗れたが、そこには何かが残った。

それは歴史学の権威トインビーがいみじくも喝破したとおりである。

すなわち『もし、日本について、神が使命を与えたものだったら、それは強権をわがもの顔の西欧人を、アジアのその地位から追い落とすことにあったのだ』」

(ルイス・マウントバッテン『ビルマ戦線の大逆襲』) 

4.スリム中将(イギリス第十四軍司令官) 

 たたかれ、弱められ、疲れても自身を脱出させる目的でなく本来の攻撃の目的を以て、かかる猛烈な攻撃を行った日本の第三十三師団の如きは、史上にその例を殆ど見ないであろう。(「敗北から勝利へ」) 

かくの如き望みのない目的を追求する軍事上の分別を何と考えようとも、この企図を行った日本軍人の最高の勇気と大胆不敵さは疑う余地がない。

私は彼等に比肩し得べき如何なる陸軍も知らない。(同書) 

5.エリック・ホプスバウ博士(英国ロンドン大学教授) 

「インドの独立は、ガンジーやネールが率いた国民会議派が展開した非暴力の独立運動に依るものでは無く、

日本軍とチャンドラ・ボースが率いるインド国民軍(INA)が協同して、ビルマ(現ミャンマー)を経由し、インドへ進攻したインパール作戦に依ってもたらされたものである。」

(エリック・ホプスバウ『過激な世紀』) 

6.ククリックド・プラモード (タイ国元首相) 

「日本のおかげでアジアの諸国はすべて独立した。

日本というお母さんは難産して母体をそこなったが、産まれた子供はすくすくと育っている。

今日、東南アジアの諸国民が米英と対等に話ができるのは、いったい誰のおかげであるのか。

それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。

十二月八日は、我々にこの重大な思想を示してくれたお母さんが一身を賭して重大決意をされた日である。

我々はこの日を忘れてはならない。」

( 十二月八日、現地の新聞「サイアム・ラット紙」において ) 
  

7.バ・モウ (ビルマ元首相 独立宣言より) 

 約五十年前ビルマは三回にわたる対英戦争の結果その独立を失えり、英国側はアジアに対する掠奪的野望を以て此等の戦争を遂行せり。

英国はさらにその伝統的陰謀賄賂及び想像し得るあらゆる詐欺及び術策の武器をしようせり。

・・・ビルマ人は徐々に搾取され時の進むに従い総ての国民的実質、莫大なる物資的資源、機会、文化、言語、

さらに遂にはその生活様式までも失い・・・愛国者は挺身的精神をもって鎮圧、入獄、流謫、拷問及びしばしば死そのものを甘受して突進して来れり、これらの英雄はビルマの生存のため苦難を受け遂には斃れたり。

・・ビルマ人はアジアを結合せしめアジアを救う指導者を待望しつつありしが遂にこれを大日本帝国に発見せり。

・・・ビルマ人はこのビルマに対する最大の貢献に対する日本への感謝を永久に記録せんことを希望するものなり・・・」(一問に百答 日下公人 PHP研究所) 

 7-2 バ・モウ (ビルマ元首相 ビルマの夜明けより) 

「歴史的に見るならば、日本ほどアジアを白人支配から離脱させることに貢献した国はない。

真実のビルマの独立宣言は1948年の1月4日ではなく、1943年8月1日に行われたのであって、真のビルマ解放者はアトリー率いる労働党政府ではなく、東条大将と大日本帝国政府であった」  

8.ダグラス・マッカーサー(アメリカ、日本占領連合軍最高司令官・元帥) 

 日本の潜在労働者は、量においても質においても、私がこれまで知っている中の最も立派なものの一つである。

しかし、彼らは労働力はあっても生産の基礎素材を持たない。 

日本には蚕のほかに取りたてていうべきものは何もないのだ。

日本人は、もし原材料供給が断たれたら(経済封鎖されたら)一千万から一千二百万が失業するのではないかと恐れていた。

それ故に、日本が第二次世界大戦に赴いた目的は、そのほとんどが、安全保障のためであった。

(1951年5月3日米上院の軍事外交合同委員会の聴聞会における発言) 

日本は、絹産業以外には、国有の産物はほとんど何も無いのです。

彼らは綿が無い、羊毛が無い、石油の産物が無い、錫が無い、ゴムが無い。

その他、実に多くの原料が欠如していたのです。

もし、これらの原料の供給が断ち切られたら、一千万から一千二百万の失業者が発生するであろうことを彼らは恐れていました。

したがって、彼らが戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障に迫られてのことだったのです。

(1951年5月3日 米国議会上院の軍事外交合同委員会の答弁にて『東京裁判 日本の弁明』) 

9.ハミルトン・フィッシュ(政治家「悲劇的欺瞞」(TragicDeception1983)) 

 ルーズベルト大統領は、その絶大な権力を使って遂に米国を日本との戦争に巻き込むことに成功した。

そのことは、米国を欧州における戦争に参戦させるという彼の最終的な目的を達成させた。

(名越二荒之助『世界から見た大東亜戦争』展転社) 

10.ジョイス・C・レブラ女史(アメリカ、コロラド大学歴史学部教授) 

 大東亜戦争下、アジア諸国に進駐して行った日本軍政の最大の特徴の一つは、各国の青年を教育し、組織し、独立精神を振起した点にある。

その遺産は戦後も様々な形で生き続けている。 

日本の敗戦、それはもちろん東南アジア全域の独立運動には決定的な意味を持っていた。

 今や真の独立が確固とした可能性となると同時に、西洋の植民地支配の復活も、許してはならないもう一つの可能性として浮かび上がってきたのである。

民族主義者は、日本占領期間中に(日本軍により)身につけた自信、軍事訓練、政治能力を総動員して、西洋の植民地復帰に対抗した。

そして、日本による占領下で、民族主義、独立要求はもはや引き返せないところまで進んでしまったということをイギリス、オランダは戦後になって思い知ることになるのである。

(中略)さらに日本は独立運動を力づけ、民族主義者に武器を与えた。

日本軍敗走の跡には、二度と外国支配は許すまいという自信と、その自信を裏付ける手段とが残ったのである。

東南アジアの人間は今や武器を手にし、訓練を積んでおり、政治力、組織力を身につけ、独立を求める牢固たる意志に支えられていた。

(「東南アジアの開放と日本の遺産」秀英書房、256~7ページ) 

東京で開かれた極東国際軍事裁判で、打ち出された一つのイメージ、即ち、日本は世界で最も強欲な軍国主義国家の一つであったとする思想は、太平洋の西側で、長い間再検討されないまま放置されていた。

公私の資料の入手難が解明を遅らせ、太平洋戦争の幾つかの局面を暗闇に閉じているのが現状である。

又、日本の歴史家達は、東南アジアに於いて日本が大東亜共栄圏に託した理念、実現の方法等を吟味する事に、今日迄消極的であった。

ごく最近になって、アメリカ合衆国の学者は、日本の戦争目的を再検討する事に着手し、これ迄の定説を修正し始めた。

(中略)再検討を志すアメリカ合衆国の学者達の意見に依れば、太平洋戦争は、西欧資本主義流の帝国主義の単なる日本版では無く、それにもまして西欧諸国の進出によって脅威を受けた日本が、(自国の)存亡に関わる権益を防衛する為の戦いであったのである。

更にアジアを包含しようとする大日本帝国の野望として従来は見なされていた、大東亜共栄圏の理念も又再検討されて然るべきである。

(ジョイス・C・レブラ『チャンドラ・ボースと日本』原書房、1969年) 

11.ロスロップ・スタッタード(アメリカ、歴史学者) 

 すでに四百年の間、連続的勝利によって、白人は本能的に自己の膨張は無限に継続するものと信ずるに至った。

1904年の日露戦争以前には、自己の膨張が停止するというような思想は白人千人中の一人にも考えがおよばなかった。

(中略)1900年は、四百年間みなぎりきった白人潮勢の頂点であった。

白人はその時、威名と実力の頂上に達したのである。

その後わずか四年にして日本は猛然起って露国に抗し、旅順港に巨砲弾を浴びせて世界を驚かした。

その刹那に白人の退潮が始まった。(長瀬鳳輔訳『有色人種の勃興』政教社、147,151頁) 

12.ジョージ・S・カナヘレ(アメリカ、ハワイ日本経済協議会事務局長・政治学博士) 

 日本占領軍がインドネシア民族主義のために行った種々の仕事の中で、最も重要なものの一つは、正規軍及び准軍事組織を創設して、それに訓練を与えた事である。(中略) 

インドネシア人が軍事訓練を受けたことの意義は極めて重要なものであった。

これが後のインドネシア革命軍の大部分の将校と何千の兵士となり、復帰してきたオランダ勢力と独立戦争を戦う際の基盤となった。

日本によって与えられたこのような機会がなかったならば、戦後のインドネシア民族革命の経過は違ったものになっていたであろう。

こうして、日本の占領は、インドネシアの民族主義勢力を、権力の戸口まで導いた。

(中略)(インドネシアの)民族主義者にとって、日本の占領時代は、独立への、単なる序曲以上のものであったかも知れない。」

(ジョージ・S・カナへレ『日本軍政とインドネシア独立』鳳出版社、1977年) 

13.ニミッツ元帥(アメリカ 太平洋艦隊司令長官) 

 この島を訪れるもろもろの国の旅人達よ。

故郷に帰ったら伝えてくれよ。

この島を守るために、日本軍人は全員玉砕して果てた。

その壮絶極まる勇気と祖国を想う心根を!

(名越二荒之助『世界から見た大東亜戦争』展転社) 

14.米国戦略爆撃調査団 

「日本の指導部が、国家の存亡に関わる利益の為にと固く信じて、(今次の)戦争を始めた事は明らかである。

これに対して、アメリカ合衆国は、単に自分達の経済的優位と主義主張を押し付けようとしたのであって、国家の存亡に関わる安全保障の為に戦ったのでは無いと、アメリカ合衆国人は信じていた。」

(米国戦略爆撃調査団団長ニッツからトルーマン米国大統領に提出された報告書、1946年7月) 

15.ラグ・クリシュナン(インド、元大統領) 

 インドは当時、イギリスの不沈戦艦を沈めるなどということは想像もできなかった。

それを我々と同じ東洋人である日本が見事に撃沈もした。

驚きもしたが、この快挙によって東洋人でもやれるという気持ちが起きた。

(昭和44年「日本経済新聞」) 

16.ラダ・ビノード・パール(インド、極東国際軍事裁判判事・法学博士) 

 要するに彼ら(欧米諸国)は日本が侵略戦争を行ったということを歴史にとどめることによって、自分らのアジア侵略の正当性を誇示すると同時に、日本の一七年間(昭和3~20年、東京裁判の審理期間)の一切を罪悪と烙印する事が目的であったにちがいない。

・・・・私は1928年から1945年までの一七年間の歴史を二年七ヶ月かかって調べた。

この中には、おそらく日本人の知らなかった問題もある。

それを私は判決文の中に綴った。

その私の歴史を読めば、欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であるということがわかるはずだ。

それなのに、あなた方は自分らの子弟に、「日本は犯罪を犯したのだ」「日本は侵略の暴挙を敢えてしたのだ」を教えている。

満州事変から大東亜戦争にいたる真実の歴史を、どうか私の判決文を通して十分研究していただきたい。

日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、卑屈、頽廃に流されていくのを私は平然として見過ごすわけにはゆかない。

あやまられた彼らの宣伝の欺瞞を払拭せよ。

あやまられた歴史は書き変えなければならない。

(昭和二十七年十一月五日、広島高等裁判所での講演) 

17.インド ラダ・ビノード・パール判事 

 日本が戦争にふみきったのは侵略のためではなく、独断的な現状維持政策をとる西洋諸国によって挑発された為であり東京裁判は『正義の実現ではなく勝利者による復讐』である。 

18.グラバイ・デサイ(インド、インド弁護士会会長・法学博士) 

 このたびの日本の敗戦は真に痛ましく、心から同情申し上げる。

しかし、一旦の勝負の如きは必ずしも失望落胆するに当たらない。

殊に優秀な貴国国民においておやである。 

私は日本が十年以内にアジアの大国として再び復興繁栄する事を確信する。

インドは程なく独立する。

その独立の契機を与えたのは日本である。

インドの独立は日本のお陰で 三十年早まった。

これはインドだけではない。

インドネシア、ベトナムをはじめ東南アジア諸民族すべて共通である。

インド四億の国民は深くこれを銘記している。 

インド国民は日本の国民の復興にあらゆる協力を惜しまないであろう。

他の東亜諸民族も同様である。

(1946年、デリーの軍事裁判に参考人として召還された藤原岩市F機関長に対する挨拶) 

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ