「ヴェノナ暗号解読文書」:ソ連のスパイだったアメリカの政府高官たち

「ヴェノナ暗号解読文書」:ソ連のスパイだったアメリカの政府高官たち

 

更に重大なのは、驚くほど多くのアメリカ政府高官がソ連とつながっていたことが、「ヴェノナ」解読文によって判明したことだった。

 

 彼らは、そうと知りつつソ連情報機関と秘密の関係を持ち、アメリカの国益をひどく損なう極秘情報をソ連に渡していたのである。

 

 アメリカ財務省におけるナンバー2の実力者で、連邦政府の中でも最も影響力のある官僚の一人であり、国際連合創立のときのアメリカ代表団にも参加していたハリー・デクスター・ホワイトが、どのようにすればアメリカの外交をねじまげられるかをKGBに助言したこともわかってきた。

 

 また、F.ルーズベルトの信任厚い大統領補佐官だったラフリン・ガリーは、ソ連のアメリカ人エージェントとして重要な地位にあったグレゴリー・シルバーマスターをFBIが調べ始めた時、そのことをKGBに通報していた。

 

 このため、米政府内の大変有益なスパイ一団を指揮していたシルバー・マスターは、捜査を逃れてスパイ活動を続けることが出来た。

当時のアメリカのインテリジェンス機関であったOSS(戦略事務局)で調査部長の地位についていたモーリス・ハルバリンは、数百ページものアメリカの秘密外交通信をKGBに渡していたのであった。

 

 アメリカ政府の優れた若手航空科学者だったウイリアム・パールは、アメリカのジエット・エンジンやジエット機についての極秘の設計試験結果をソ連に知らせており、彼の裏切りのおかげで、ソ連はジエット機開発でアメリカが技術的にリードしていた大きな格差を克服し、早期に追いつくことができた。

 

 朝鮮戦争で、米軍指導部は自分達の空軍力なら戦闘空域で敵を制圧できると考えていたが、これは北朝鮮や共産中国の用いるソ連製航空機がアメリカのものには到底太刀打ちできない、と考えていたからである。

 

 しかし、ソ連のミグ15ジエット戦闘機はアメリカのプロペラ機よりはるかに速く飛行できただけでなく、第一世代のアメリカのジエット機と比べてもはるかに勝っていたため、米空軍は大きな衝撃を受けた。

その後、アメリカの最新ジエット機のF-86セイバーの開発を急ぐことでやっと、アメリカはミグ15の技術的能力に対抗することができた。

 

 アメリカ空軍はようやく優位を得たが、それはアメリカ航空機の設計よりも大部分、米軍パイロットの技量によるものであった。

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ