【記憶の風景-戦後70年】特攻隊が見た「最後の本土」 鹿児島県・開聞岳

【記憶の風景-戦後70年】
特攻隊が見た「最後の本土」 鹿児島県・開聞岳

 

(1/2ページ)

 

 薩摩半島南端にそびえる開聞岳(かいもんだけ)(標高924メートル、鹿児島県指宿市)は「薩摩富士」とも呼ばれ、円錐(えんすい)形の威風堂々たる姿が見る者を圧倒する。

終戦間近の昭和20年3月に始まった沖縄戦で、連合軍の艦船に爆弾を積んだ戦闘機で体当たりしようと出撃した特攻機の多くは、知覧(鹿児島県南九州市)など九州南部の基地から飛び立った。

特攻隊員が最後に見た本土の景色が開聞岳だった。

 右の翼に250キロ爆弾、左翼には同量の燃料。

特攻隊員は全国から集められ、10代の飛行士も多かった。

遺書を残し、別れの杯を交わして離陸すれば約650キロ先の沖縄周辺までは2時間半。

開聞岳を見ながら海岸線を越えると「もう戻れない、行くしかない」と、何度も何度も振り返りながら覚悟を決めたという。

 知覧基地では20年3~4月の一時期、知覧高等女学校3年生で作る「なでしこ隊」が、出撃を控えた特攻隊員らの食事や洗濯など、身の回りの世話をした。

整列し八重桜を振って出撃を見送りもしたが、15歳の女学生には酷だった。

(2/2ページ)

あれから70年。

特攻隊員の遺書や資料など1万5千点を所有する南九州市では、ユネスコの世界記憶遺産に登録する申請の準備が進む。

よく晴れた日、ヘリコプターで特攻機と同じ経路を飛んだ。

特攻隊員を見送り続けた美しい開聞岳を見ながら洋上に出ると、吸い込まれそうな真っ青な海が一面に広がった。

(写真報道局 鈴木健児)

動画は「産経フォト」sankei.com/photo/、または「YouTube」産経新聞チャンネルでご覧になれます。

 

2015.6.14 08:56更新【記憶の風景-戦後70年】特攻隊が見た「最後の本土」 鹿児島県・開聞岳

八重桜を振って特攻機を見送るなでしこ隊の女学生たち =昭和20年4月12日、旧陸軍知覧基地(毎日新聞社提供)

ニュース写真

  • 薩摩富士とも呼ばれる開聞岳に夕闇が迫る。知覧基地を飛び立った特攻隊員は、この山を何度も何度も振り返り、覚悟を決め、沖縄に向かったという =鹿児島県南九州市
  • 70年前、特攻機を見送った基地跡で「あの日」を再現してくれた桑代チノさん。開聞岳に向かって手を振ると涙があふれた =鹿児島県南九州市

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ