【記憶の風景-戦後70年】昭和20年8月6日 広島

【記憶の風景-戦後70年】
昭和20年8月6日 広島

(1/2ページ)【戦後70年

 

 ■原爆投下、運命の8時15分

 「空から黒い塊が落ちてきた」。昭和20年8月6日の広島市。

暑い夏の朝だった。鳥越不二夫さん(84)が目撃したのは投下された原子爆弾。

当時の自宅は市西部の山手町(現在の西区)、爆心地から約2キロにあった。

落下物を「何だろうな」と思った瞬間、強烈な光で座り込んだ。

 灼熱(しやくねつ)の太陽よりまぶしい光の塊。

空一面がオレンジ色に包まれた。

立ち上がろうとすると「ザーッ」という轟音(ごうおん)とともに、沸騰した蒸気のような熱風が襲った。

10メートルほど離れたコンクリートの防火水槽まで飛ばされ意識を失った。

 あの日、中学3年生の鳥越さんは、朝から市中心部で学徒動員作業に従事する予定だったが、健康診断の再検査のため自宅にいた。

「8時15分に何をしていたかで運命が変わった」。

約50人いた鳥越さんの級友は全員犠牲になった。

自宅周辺に押し寄せる猛火の市街地から逃れた人たち。

熱線で顔は溶け、両腕の皮膚がたれ下がっていた。

(2/2ページ)【戦後70年

 被爆時、半袖シャツを着ていた鳥越さんの首元にはV字の跡が残る。

後遺症の白血球減少症と闘いながら教職を全うした。

今でも被爆体験を子供たちに話す機会があるが、核廃絶などの難しい話はしない。

人を思いやり、争いごとをなくすことの大切さを教えている。

 7月末の暑い日、広島平和記念公園の慰霊碑前で、鳥越さんは亡き母が歌ってくれた子守歌をハーモニカで吹いた。

セミの声と優しい音色が一緒になって、70年目の夏空に溶けていった。(写真報道局 奈須稔)

 動画とパノラマ写真は「産経フォト」(http://sankei.com/photo/)でご覧になれます。

 

2015.8.2 13:30更新【記憶の風景-戦後70年】昭和20年8月6日 広島

夕刻の元安川に映る原爆ドーム。水を求め大勢の被爆者が飛び込んだ=広島市中区

ニュース写真

  • 原爆投下の時間で止まった懐中時計。所有者の二川謙吾さん(当時59)は爆心地から1600メートルで被爆、死亡した。息子の一夫さんから贈られた時計で肌身離さず持ち歩いていたという。広島平和記念資料館に一夫さんが寄贈した (許可を得て撮影)
  • 鳥越不二夫さん
  • 爆心地

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ