【記憶の風景-戦後70年】イペリット、ルイサイト、青酸ガス…地図から消された「毒ガス」製造の島 広島県「大久野島」

【記憶の風景-戦後70年】
イペリット、ルイサイト、青酸ガス…地図から消された「毒ガス」製造の島 広島県「大久野島」

(1/2ページ)

 赤黒くさびた窓枠から、無機質な廃虚に差し込む陽光、レンズを見つめるウサギ…。

広島県竹原市の忠海(ただのうみ)港の沖合3キロ、瀬戸内海に浮かぶ大久野島(おおくのしま)に昭和4年、日本陸軍は毒ガス工場「東京第二陸軍造兵廠(ぞうへいしょう)忠海製造所」を造った。

周囲4キロの島には今も発電場や毒ガス貯蔵庫の跡などが残り、現実離れした風景が広がる。

 大久野島は明治時代、日露戦争に備えて22門の大砲が設置され、要塞と化した時期があった。

毒ガス製造は機密厳守が不可欠。

事故の懸念もあったため、外界から隔絶された島が工場建設地に選ばれた。

島は機密保持のため昭和13年には地図からも姿を消した。

 製造された毒ガスはイペリット、ルイサイト、青酸ガスなど5種類。

19年までの15年間に約6616トンが造られた。

毒ガスは北九州市の毒ガス弾製造工場に送られたり、島で保管され戦後、周辺海域に捨てられるなどした。

 「戦争で使った毒ガス施設が現存するのは世界でも珍しい。

広島や長崎など、日本の戦争被害を語る施設は多いが、毒ガス施設は日本の戦争加害を伝えている」と大久野島毒ガス資料館の高島徳明さん(70)は話す。

(2/2ページ)

                   

 動画は「産経フォト」sankei.com/photo/、または「YouTube」産経新聞チャンネルでご覧になれます。

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ