【戦後70年】特攻(1)少年兵5人「出撃2時間前」の静かな笑顔…「チロ、大きくなれ」それぞれが生への執着を絶った  NO.1

【戦後70年】
特攻(1)少年兵5人「出撃2時間前」の静かな笑顔…「チロ、大きくなれ」それぞれが生への執着を絶った  NO.1

(1/7ページ)【戦後70年~特攻

特攻隊員の出撃直前の笑顔。子犬を抱く荒木幸雄伍長。(荒木伍長の左から時計回りに)早川勉、高橋要、高橋峯好、千田孝正の各伍長=昭和20年5月26日、鹿児島県(荒木伍長の兄、精一さん提供)

 

 特攻隊に少しでも関心を持った人なら、一度は目にしたであろう1枚の写真がある。

子犬を抱いた少年兵を囲み、4人の若者がほほ笑んでいる。

飛行服に飛行帽、白いマフラーを巻き、首から飛行時計をぶら下げている。

飛行帽の上には「必勝」と書かれた日の丸の鉢巻きも見える。

真ん中で子犬を抱いているのが荒木幸雄伍長で、その真後ろにいるのが高橋峯好伍長。

ともに17歳だった。

ほかの3人はいずれも18歳の早川勉伍長、千田孝正伍長、高橋要伍長。5人は陸軍少年飛行兵(戦死後少尉)。

第72振武(しんぶ)隊員として、沖縄に押し寄せていた米艦隊を撃滅するため、

昭和20年5月27日未明、鹿児島県の万世飛行場を出撃し、沖縄近海で特攻を敢行した。

第72振武隊は当初、5月26日に出撃する予定で、写真は出撃の2時間前に撮影された。

ところが、沖縄地方が悪天候のため、急遽(きゅうきょ)、1日延期された。

撮影された時点では死が2時間後に迫っていたことになる。

特攻出撃を間近に控えての笑顔。彼らは何を語り、伝えようとしていたのか。

×   ×

同じ第72振武隊の隊員で移動途中に敵襲に遭い、大やけどを負って特攻作戦に参加できなかった西川信義軍曹は生前、特攻命令を受けたときの気持ちを回顧録にこう書き残している。

「自分が死んで勝つものならと、死を志した。

しかし、特攻隊は出撃したらもう帰って来ない。果たして死ねるだろうか」

(2/7ページ)【戦後70年~特攻

 「正直のところ死にたくはないのが普通である。

ただ、ひたすら国のために体当たりするだけを心掛けて、皆無心になるように勉めた(原文ママ)ものである」

 やすやすと特攻隊を決意できたわけではない。

不安と恐怖心にさいなまれながらも、国家のため家族のためにと、気持ちを固めていったのである。

×   ×

 「陸軍最後の特攻基地」(東方出版)によると、千田伍長の機付長(整備責任者)だった宮本誠也軍曹は、伍長の父親に宿舎での様子をこう伝えている。

 「5人は自分たちを『朗らか部隊』と名付け、常に歌声を響かせているほど明るくはつらつとしていたといい、全て行動が自信に満ち純で神を見る如(ごと)きだった」

 出撃のため万世飛行場に出発する前夜の千田伍長の様子については「古い手紙やノートを火鉢にくべていました。

ちょっと読んでは破いては焼き、何か思い出すように、くすぶる煙を見て居(お)られた。

思えば、あと百時間もない命をそれとなく整理されて居られたのでしょう」と語っている。

 「陸軍特別攻撃隊の真実 只一筋に征く」(ザメディアジョン)によると、千田伍長は出撃直前、星空を眺めながら「このきれいな星空も、今夜が見納めだ…略…お袋たちはどうしているかなあ」とつぶやいていたという。

(3/7ページ)【戦後70年~特攻

特攻隊員の出撃直前の笑顔。子犬を抱く荒木幸雄伍長。(荒木伍長の左から時計回りに)早川勉、高橋要、高橋峯好、千田孝正の各伍長=昭和20年5月26日、鹿児島県(荒木伍長の兄、精一さん提供)

 出撃を控え、早川伍長は「自分が隊長より先に一番機になって突っ込む」と語り、荒木伍長は私物を整理しながら、ハーモニカを宿舎の娘に贈ったという。

荒木伍長の兄、精一さん(88)は「各務原(かかみがはら)飛行場(岐阜県)で自分の飛行機を特攻機用に爆装するとき、まるで喫茶店にお茶でも飲みに行くような雰囲気だったらしい。

出撃を見送ったおばあさんから『最後まで朗らかだった』と聞いた」と話した。

第72振武隊が編成されたのは20年3月30日。

出撃までの約2カ月間、死ぬための訓練を重ね、突撃の時を待っていた。

それぞれが、それぞれの思いで、生への執着を絶ち、最期の時を迎えていたのだ。

×   ×

荒木幸雄伍長は昭和18年、海軍飛行予科練習生(予科練)を受験し、健康診断の結果、体調不良で不合格になった。

その3カ月後、家族に内緒で陸軍少年飛行兵に挑戦し合格する。

「航空技術者が夢だった」(兄の精一さん)という荒木伍長は、東京陸軍少年飛行兵学校に入校。

操縦科に配属され、福岡県の大刀洗(たちあらい)陸軍飛行学校の甘木(あまぎ)生徒隊などで訓練を受ける。

訓練時代から第72振武隊員に選ばれ、特攻出撃するまでの思いを修養録(日記)や手紙に記した。修養録は漢字とカタカナ交じりの簡潔なものだ。

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ