【戦後70年 昭和20年夏(4)】ソ連軍157万人が満州侵攻 戦車に潰された王道楽土の夢 NO.1

【戦後70年 昭和20年夏(4)】

ソ連軍157万人が満州侵攻 戦車に潰された王道楽土の夢 NO.1

(1/6ページ)【戦後70年~昭和20年夏

 昭和20年8月9日午前、満州北部・●琿(あいぐん)(現黒竜江省)にソ連軍機3機が黒竜江(アムール川)対岸のソ連領から低空で現れ、国境を越えた。

「ソ連側から不明機が侵入!」

国境監視所にいた関東軍第135独立混成旅団伍長、安田重晴(94)=京都府舞鶴市在住=は司令部に至急一報を入れた。

国境警備の任務について3年になるが、こんなことは記憶にない。

精鋭だった関東軍も19年以降、多くの将兵が太平洋戦域に転属となり、くしの歯が欠けたような状態だった。

対米戦の苦境も聞いていたが、それでも日ソ中立条約を結ぶソ連が満州に侵攻してくるとは思っていなかった。

11日、監視所がソ連軍の攻撃を受けた。

安田は闇に紛れて20キロ離れた旅団司令部を目指した。

司令部は強固な地下要塞だったが、すでに激しい戦闘が繰り広げられていた。

合流した安田は仲間と「とにかく敵の侵攻を食い止めよう」と玉砕覚悟の戦いを続けた。

結局、安田ら生き残った日本軍将兵が武装解除に応じたのは22日だった。

(2/6ページ)【戦後70年~昭和20年夏

 1945(昭和20)年2月、クリミア半島のヤルタで、ソ連共産党書記長のヨシフ・スターリンは

第32代米大統領のフランクリン・ルーズベルトに対して、ドイツ降伏後3カ月以内に日ソ中立条約を破棄して対日参戦することを約束。

見返りとして南樺太や千島列島の引き渡しや満州の鉄道・港湾権益を要求した。

この密約に従い、日本時間の8月9日午前0時、極東ソ連軍総司令官で元帥のアレクサンドル・ワシレフスキー率いる80個師団約157万人が3方向から満州に同時侵攻した。

スターリンはもともと11日の侵攻を命じたが、6日の米軍による広島への原爆投下を受け、予定を2日早めたのだった。

ソ連軍は対日戦の準備を周到に進めており、T-34など戦車・自走砲は5556両、航空機は3446機に上った。

これに対する関東軍は24個師団68万人。戦車は200両、航空機は200機にすぎず、その戦力差は歴然としていた。

× × ×

(3/6ページ)【戦後70年~昭和20年夏

 ソ連軍侵攻を知った関東軍総司令官で陸軍大将の山田乙三は8月9日午後、出張先の大連(現遼寧省大連市)から満州国の首都・新京(現吉林省長春市)の総司令部に戻ると、皇帝の愛新覚羅溥儀(あいしんかくら・ふぎ)に拝謁した。

「陛下、総司令部は近日中に、朝鮮との国境近くの通化(現吉林省通化市)に転進いたします」

山田は、満州国政府を、通化近くの臨江(現吉林省臨江市)に遷都することも提案した。

満州国政府内には「国民とともに新京にとどまるべきだ」との声もあったが、溥儀は13日に臨江近郊に移った。

山田は、撤退により持久戦に持ち込む考えだったが、これには関東軍内にも異論があった。

当時、満州にいた民間の在留邦人は約155万人。

男は大半が軍に臨時召集されていたので女や子供、老人ばかりだった。

その多くが突然のソ連軍侵攻で大混乱に陥っており、避難が進まない中で軍が撤退すれば、民間被害が拡大する公算が大きかった。

満州西部を守る第3方面軍司令官で陸軍大将の後宮(うしろく)淳は、邦人が避難する時間を稼ぐため、玉砕覚悟で方面軍をソ連軍の進撃路に集中させようとしたが、結局、作戦参謀らに説き伏せられて断念した。

もし後宮が自らの作戦を決行していれば、邦人被害はもう少し防げたかもしれない。

× × ×

「小生のコメント」

以前から疑問に思っていた。国際法違反のソ連に対して抵抗して邦人を守るのは軍隊の任務である。

しかるに作戦参謀に説き伏せられたそうであるが、この当時の間関東軍の作戦参謀は、赤い参謀が多かったのではないか?

つまり赤い参謀とは、共産主義を信奉している者たちである。

何故、ソ連を仲介役として頼るという発想は、陸軍に赤い参謀や将官がかなりいたのではないかと考える。

そうでないとむざむざとソ連軍を信じて武装解除されたあげくシベリア抑留されてしまった。

満州にいた邦人を助けるために戦う必要があったのである。国内にも紫電改の戦闘機部隊があったのだから、ソ連戦車やソ連兵に一大打撃を与えることが出来た。

中立条約を一方的に破って進撃したソ連軍は、国際法に則り後で反論出来たのである。

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ