【戦後70年~昭和20年夏(2)】日系米国人たちの8月14日 2つの祖国に揺れる心 収容所の過酷な日々「仕方ないんだから…」NO.1

【戦後70年~昭和20年夏(2)】
日系米国人たちの8月14日 2つの祖国に揺れる心 収容所の過酷な日々「仕方ないんだから…」NO.1

(1/7ページ)【戦後70年~昭和20年夏

整列する日系人部隊、第522野戦砲兵大隊の兵士たち(ススム・イトウさん撮影、撮影場所不明)

 

 1945(昭和20)年8月14日(日本時間15日)、26歳だったカリフォルニア州ストックトン出身の日系2世、ススム・イトウは、独ミュンヘン近くの兵営のラジオ放送で日本の降伏を知った。

「ああ、やっと戦争が終わったのか…」

うれしくないわけではないが、大喜びする気にもなれない。

そんな複雑な気持ちだった。

5月8日のドイツ降伏後、イトウが気がかりだったのは、対日戦への転戦を命じられることだった。

両親の母国であり、親族が日本軍にいると聞いていたからだ。

41(昭和16)年12月7日(日本時間8日)の真珠湾攻撃を受け、第32代米大統領のフランクリン・ルーズベルトは米議会で「合衆国は日本軍の意図的な攻撃に突然さらされた。

12月7日は屈辱の日となった」と演説し、宣戦布告を求めた。

米国では「リメンバー・パールハーバー」が合言葉となった。

42(昭和17)年2月19日、ルーズベルトは大統領令9066号を発し、陸軍省に強制的な立ち退きを命じる権限を与えた。

これにより、米西海岸のカリフォルニア、オレゴン、ワシントン各州の日系人約12万人は「敵性外国人」として10カ所の収容所に送られた。

 

(2/7ページ)【戦後70年~昭和20年夏

 日系1世は「2つの祖国」のどちらに忠誠を誓うか迫られた。

日系2世は父母の誤解を解くためにも次々に軍を志願した。

陸軍情報部(MIS)で日本語の翻訳や通訳に従事する者も多かったが、イトウは「兵士は危険を冒して戦うものだ」と考え、40(昭和15)年に陸軍に入隊。

士官以外はほとんど日系人で構成される第442連隊戦闘団隷下の第522野戦砲兵大隊に弾着観測手として配属され、欧州戦線に送られた。

44(昭和19)年10月のテキサス大隊救出作戦にも従事した。

フランス東部で独軍に包囲された米兵211人を救うために442連隊は216人が戦死、600人以上が負傷した。

522大隊から作戦に加わり、無傷だったのはイトウら25人だけだった。

日系人部隊の犠牲を厭わぬ米国への忠誠心の裏側には、収容所にいる父母や兄弟への思いがあったに違いない。

イトウは、母が「武運長久」を祈って縫ってくれた千人針を制服の胸ポケットに入れて戦った。

母を心配させまいと自動車整備の任務とうそをつき、平和な写真ばかりを手紙に添えた。

「母の千人針が私を帰還させてくれた。

それ以外、私の幸運を説明するすべはありません…」

現在96歳になるイトウはこう語った。

 

(3/7ページ)【戦後70年~昭和20年夏

 第42代米大統領のビル・クリントン、第43代大統領のジョージ・ブッシュの2代で商務、運輸両長官を務めたノーマン・ミネタ(83)も42年、ワイオミング州ハートマウンテンの収容所に送られた。

父が語学兵養成の任務に就いたため、ミネタ一家は終戦前に収容所を出ることができたが、兄のアルバートはMIS語学兵としてフィリピンに向かった。

静岡県に住む両親の親族たちの消息も気がかりだった。

45年8月14日、終戦を知った時の母の安堵の表情をミネタは今も覚えている。

「8月14日は私たちにとっても特別な日です。連合国が日本を破ったというニュースがラジオで繰り返し流されました。私はとてもうれしかった…」

× × ×

カリフォルニア州ロサンゼルス市からモハーベ砂漠を車で4時間。

シエラネバダ山脈を望む荒涼とした大地に大戦中、マンザナー収容所が作られ、1万人以上の日系人が収容された。

収容所は鉄条網に覆われ、監視塔から銃を手にした看守が目を光らせた。ここに建立された慰霊碑に刻まれた「満砂那」という当て字が、ここでの生活の過酷さを物語る。

日系人収容所はこのような不毛な地に作られた。

 

(4/7ページ)【戦後70年~昭和20年夏

 サンフランシスコ市出身のマリー・ムラカミ(88)は家族とともにユタ州の砂漠にあるトパーズ収容所に送られた。

ムラカミ家7人にあてがわれたのは、すきま風が吹きすさぶバラックの2部屋。

隣室と隔てる壁は天井に届かず、隣人のささやき声まで聞こえた。

支給されたのは家族7人分の軍用寝台と毛布、石炭ストーブだけ。

テーブルや机などは廃材で自ら作った。

食事はパンが主食の米国流で子供だけで食堂で食べ、家族そろって食事できるのは日曜日だけだった。

そんなある日、ジェームズ・ハツアキ・ワカサが看守に射殺された。

63歳の日系1世だった。

鉄条網に近付きすぎ、看守が制止したが、きつい南部なまりを理解できなかったのだ。

言葉も生活も米国流で育てられ、白人とともに育ったムラカミは生涯忘れえぬショックを受けた。

父が農場で得る給与は月19ドル。生活は苦しくバラックの周りでモヤシを作った。

土壌が悪く野菜が育たないため、水だけで育つモヤシは貴重だった。

ムラカミの母は日本語でこう繰り返した。

 

戦後70年~昭和20年夏(2)】日系米国人たちの8月14日 2つの祖国に揺れる心 収容所の過酷な日々「仕方ないんだから…」

日系人部隊で戦ったススム・イトウさん

ニュース写真

    • 整列する日系人部隊、第522野戦砲兵大隊の兵士たち(ススム・イトウさん撮影、撮影場所不明)

    • ツーリレイク収容所に入れられたレイコ・マツモトさん

    • ユタ州トパーズ収容所に入れられたマリー・ムラカミさん

    • 日系人初の閣僚、ノーマン・ミネタさん

    • 1942年、日系人収容のためサンフランシスコでバスに乗せられるマリー・ムラカミさん一家(マリー・ムラカミさん提供)

    • 日系人部隊の兵士として戦地に赴くススム・イトウさんに母が贈った千人針

    • マンザナー日系人収容所跡に再現された住居用バラック=7月15日、カリフォルニア州中部マンザナー

    • マンザナー日系人収容所の跡地に再現された鉄条網と監視塔

  • マンザナー日系人収容所の跡地に再現された監視塔=7月15日、カリフォルニア州中部マンザナー

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ