【天皇の島から 戦後70年・序章(2)後半】日本の教育や経済発展 「我々は昔に戻るべきだ」NO.1

【天皇の島から 戦後70年・序章(2)後半】
日本の教育や経済発展 「我々は昔に戻るべきだ」NO.1

 

(1/4ページ)【天皇の島から 戦後70年・序章

ペリリュー島の日本軍司令部跡。

長年の月日でツタや植物に覆われていた。

一歩、踏み込むと弾痕や破壊された跡も生々しく残っていた=12月11日、パラオ共和国・ペリリュー島(松本健吾撮影)

 

 1914年、第1次世界大戦でコロール島を占領した日本は、ベルサイユ平和条約でパラオ共和国を20年に委任統治下に置き、2年後、南洋庁を設置した。

小学校や実業学校、病院、郵便局などを設置したほか、インフラ整備も進め道路や港湾、飛行場などを建設した。

法律は原則、日本の法律が適用された。

 

日本政府による統治は45(昭和20)年までの31年間続いた

パラオは日本の小都市のような発展を遂げ、日本人も23年に657人だったのが38年には1万5669人を数え、パラオの総人口の7割を占めた。

44年時点では、パラオ人約6500人に対して約2万5千人の日本人(軍人をのぞく)が住んでいた。

元駐日パラオ大使だったミノル・ウエキさん(83)は「どんどん日本人が移住してきて、コロールの中心街は日本政府の出先機関やショッピングセンター、飲食業、娯楽施設が軒を連ね、『第2の東京』とさえ呼ばれた。

農業や漁業などの産業も発展し、稲作やパイナップルなどの生産を促し、余剰作物は輸出に回した」と話す。

 

(2/4ページ)【天皇の島から 戦後70年・序章

 この間、日本政府はパラオ人に対する日本語教育にも力を入れ、3年間の義務教育課程である「本科」と2年間の「補習科」で構成される公学校が6カ所建設された。

◇   ◇

日本政府の対パラオ政策の恩恵はペリリュー島にも及んだ。

ロース・テロイさん(94)によると、当時、ペリリュー島には病院が1軒あり、日本人の医者2人が常駐。

日本人が経営する「シホ」という雑貨屋があり、50円で何でも買えたという。

日本の会社も多く、島民は働き場所を得ていたという。

公学校は「中山」と呼ばれた山の麓にあった。

戦後70年となる今、ジャングルに覆われ、わずかに門柱が残るだけだが、鉄筋コンクリート作りで、高さは5メートル近い。

敷地内には畑があり、野菜を作っておいたといい、いかに立派な校舎だったか想像できる。

テロイさんのクラスメートは男女合わせて20人で、3クラスあった。

パラオ人の先生も1人がいたが、日本語や日本の歌はハシモト先生に教わったという。

「夫婦で先生をしていて、奥さんは着物のときもありました。

『親を大切にしよう』『ありがとうございました。どういたしましてと言おう』と教えられました。

先生の2人のこどもと一緒に歌ったこともあります。

正月に日本人と一緒に遊んだことが今でも思い出されます」と、テロイさんは楽しそうに笑顔を見せた。

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ