【天皇の島から 戦後70年・序章(2)後半】日本の教育や経済発展 「我々は昔に戻るべきだ」NO.2

【天皇の島から 戦後70年・序章(2)後半】
日本の教育や経済発展 「我々は昔に戻るべきだ」NO.2

 

(3/4ページ)【天皇の島から 戦後70年・序章

ペリリュー島の日本軍司令部跡。長年の月日でツタや植物に覆われていた。

一歩、踏み込むと弾痕や破壊された跡も生々しく残っていた=12月11日、パラオ共和国・ペリリュー島(松本健吾撮影)

 

 マルタンサン・ジラムさん(83)は公学校跡地の門柱の前を通ると、毎朝「おはようございます」とヒラマツ先生にあいさつしていたのを思い出すという。

公学校の2年生まで日本語の勉強をしたが、3年生の時、空襲で学校がなくなり、疎開した。

ジラムさんは当時を懐かしむように、「桃太郎」を歌ってくれた。

ヒラマツ先生に会いたい。優しくていい先生だった。

『お父さん、お母さんを大事にしなさい』『家のことを手伝いなさい』『ありがとうと言いなさい』『困っている人がいれば手伝いなさい』と教えられた」

悪いことをすると叱られたという。

「だから、私も子供が悪いことをすると謝るまで手を上げた。

ヒラマツ先生に教えられたことは5人の息子に伝えてきたし、息子には子供ができたら同じように伝えなさい、と話している」と語った。

アマレイ・ニルゲサンさん(79)によれば、「半ズボン」「便所」「草履」「熊手」「大丈夫?」「先生」「大統領」「飛行場」「バカ野郎」「ごめんなさい」「よろしく」「面白い」「飲んべえ」「ビール」「野球」「勤労奉仕」「炊き出し」など、多くの日本語がパラオ語として定着しているという。

イサオ・シンゲオ・ペリリュー酋長(しゅうちょう)は「戦争は良くない。

だが、日本は新しい生活様式を伝えてくれた。

われわれの生活スタイルが近代化し、生活が向上したのは日本のお陰だと感謝している」と笑顔を見せた。

ウエキさんも「統治時代の教育や経済発展を通して、パラオ人は日本人として育てられた。

パラオ人は日本に感謝している。

今は日本語を話すのは少なくなったが、われわれは日本に戻るべきだと考えている」といい、

「天皇陛下がいらっしゃるのがうれしい」と何度も繰り返した。

 

(4/4ページ)【天皇の島から 戦後70年・序章

 イナボさんは雑誌のインタビューに「(日本人から)勉強、行儀、修身、男であること、責任を持つこと、約束を守ることを教えられた。

男とは自分に与えられた義務を成し遂げる、任務を果たすことなんです。

パラオは昔の日本と近い」とも語っている。

パラオの人たちの心のどこかに、日本を“親”“身内”のような存在ととらえているのではないだろうか。

そして、パラオには日本以上に日本の心が生きているではないか-。

そんな印象を抱いた。

【天皇の島から 戦後70年・序章(2)後半】日本の教育や経済発展 「我々は昔に戻るべきだ」

ニュース写真

  • ペリリュー島の日本軍司令部跡。長年の月日でツタや植物に覆われていた。一歩、踏み込むと弾痕や破壊された跡も生々しく残っていた=12月11日、パラオ共和国・ペリリュー島(松本健吾撮影)

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ