ミッドウェー海戦(5完) 大ざっぱな作戦、同じ過ちの繰り返し 「負けるべくして負けた」連合艦隊 5/5

ミッドウェー海戦(5完) 大ざっぱな作戦、同じ過ちの繰り返し 「負けるべくして負けた」連合艦隊   5 /5

また反転のさなか、重巡洋艦「最上(もがみ)」と「三隈(みくま)」の衝突事故も発生。

この影響で速力が低下した2隻はアメリカ機の攻撃を受けてることになり、「最上」はかろうじて逃れたが「三隈」が沈むという失態もおかしている。

作戦当初は大戦力を背景に負ける気がしなかった日本軍に対し、何とか戦力をかき集めるが、「決して冒険をするな」と苦戦覚悟のアメリカ軍-という構図だった。

しかし日本は綿密な作戦を立てることなく、セイロン沖での兵装転換のタイミングや珊瑚海での艦隊間の連係・連絡の悪さ、索敵での情報の精度不足、戦力分散といった同じ過ちを繰り返し、負けるべくして負けたのである。(園田和洋)

 

【歴史事件簿】ミッドウェー海戦(5完) 大ざっぱな作戦、同じ過ちの繰り返し 「負けるべくして負けた」連合艦隊

日本樹の攻撃で傾斜するヨークタウン

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ