「大東亜戦争は果たして“無謀な戦争”だったのか」

宮崎正弘(読者の声2)

「大東亜戦争は果たして“無謀な戦争”だったのか」

 講演会は、今週の土曜日(10月17日)1時からです

 『日米開戦 陸軍の勝算―「秋丸機関」の最終報告書』(林千勝著)(祥伝新書)という画期的な史実を明かす本が8月に刊行されました。

 昭和16年11月15日に大本営政府連絡会議において採択された「対米英蘭蒋戦争終末促進に関する腹案」は、極めて優れた大東亜戦争のグランド・デザインと思います。

これを知って以来、私なりに研究しまして「大東亜戦争は無謀な戦争ではなかった」という題でこれまでに10回以上講演してきました。

当時の状況を基にシミュレーションしてみると、日本が負けるということにはなりにくいのです。

 更に、アメリカの戦史研究家のジェームス・ウッド教授の ”Japanese Military Strategy in the Pacific War: Was Defeat Inevitable?” という本を知りまして、益々、シミュレーションの結果は日本の勝利の確率が高まりました。

真珠湾攻撃による『勝利病』にとりつかれずに、本来の戦略通りに戦いを進めれば、負けることが難しいというシミュレーション結果となりました。

この本は『「太平洋戦争」は無謀な戦争だったのか』と題してワック社から翻訳出版しました。

このたび、この優れた戦争のグランド・デザインはどのようにして作成されたのかを原資料に基づき明らかにされた林千勝先生と組んで下記の講演を行うことになりました。

二人で対談も行うことにしております。
 ご関心のある方のおいでをお待ちしております。

         記
船橋・史の会ミニ講演会 シリーズ 検証「戦後70年談話有識者懇談会報告書」
「大東亜戦争は果たして“無謀な戦争”だったのか」

第1部 「勝利へのグランド・デザインがあった」
林千勝(はやし・ちかつ)氏 昭和史研究家

第2部 「グランド・デザインをシミュレートする」
      茂木弘道(もてき・ひろみち)氏

第3部 「対談」 林千勝氏 X 茂木弘道氏

■日時 平成27年 10月17日(土) 13時開演~16時
■場所 船橋市勤労市民センター(2階第4会議室)
    船橋市本町4-19-6 Tel 047-425-2551
■参加費(資料代、会場分担金)500円
■問い合わせ・お申し込み 070-6941-1941 (愛甲)
             koichirojiji@gmail.com
    (「史実を世界に発信する会」事務局長 茂木弘道)

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの殿堂

ブログランキング

ブログ王

ブログ王ランキングに参加中! カテゴリー:芸術と人文/歴史

i2i

サイト内ランキング



フラッシュカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ